海外発送を開始しました

海外発送を開始しました

2023年11月の正式発売以降、CONCIOのウェブサイトには海外からも多くのアクセスをいただいております。

海外への発送をご希望する声も増えてきたため、2024年3月20日以降のご注文分より、海外発送の対応を開始いたしました。

発送の対象地域は下記のとおりです。

  • 北米(アメリカ・カナダ)
  • ヨーロッパ(オーストリア、ベルギー、スイス、チェコ、ドイツ、デンマーク、スペイン、フィンランド、フランス、イギリス、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スウェーデン、モナコ)
  • アジア(韓国、香港、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン)
  • オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)

*DHLでお届けできない一部の国と地域は対象外となる場合があります。

CONCIOが追求するエシカルなスキンケアが、世界中の多くの人の手に届きますように。今後も努力してまいりたいと思います。

 

ブログに戻る
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 3