アンチエイジングクリームに配合されるマイクロプラスチック

クリームを塗るごとに90,000個のマイクロプラスチック

ほとんどの化粧品に入っているマイクロプラスチック

メイクアップやスキンケアを毎日すること。
まさかそれで、私たちの顔や体がマイクロプラスチックまみれになっているなんて想像できませんでした。
でも実際に、多くの化粧品にはマイクロプラスチックが入っているのです。

 毎週日曜日、化粧品選びの参考になる情報をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

それでも、その口紅を塗りますか?

例えば、口紅。
多くの口紅にはポリエチレンやポリエチレンテフタレート(PET)が配合されています。

お気づきのとおり、PETはペットボトル。そして、ポリエチレンは化粧品の容器にも使われるプラスチック素材です。こうしたプラスチック原料が、化粧品成分としても使われているのです。

食べたり飲んだりしたときに、口紅を誤って飲み込んでしまうことがありますよね。それはつまり、ペットボトルや化粧品容器と同じプラスチックを飲み込んでいるということ。
体内に取り込まれたあと、マイクロプラスチックは血流に到達。そして、体中をめぐることになるのです。

口紅にもマイクロプラスチックが入っています。

90,000個のプラスチック粒子を顔に塗っている

また、シワに効くというクリームを塗るたびに、90,000個のプラスチック片を顔に広げているという試験結果もあります。

クリームに配合されるマイクロプラスチックには、髪の毛の直径(60~80マイクロミリメートル)よりも小さいものも。中には、1.6マイクロメートルほどの超微細なものまで存在しています。

プラスチックは肌表面でフィルムを構成します。それによって、シワが薄くなったような印象を与える効果が期待できます。
シワそのものがなくなるわけではありません。でも、シワが薄く見える効果を期待して、アンチエイジングクリームにはより多くのマイクロプラスチックが配合されるのです。

「大丈夫」って本当ですか?

マイクロプラスチックは皮膚から侵入しないので大丈夫。そういう人もいます。でも、本当にそうでしょうか?

マイクロプラスチックによる健康への影響はわからないことばかり

口や目から誤って侵入した場合、粘膜に直接触れることになります。その結果、私たちの健康に悪影響を及ぼす可能性はゼロではありません。

また、マイクロプラスチックは様々な添加物を使用して作られています。これらの添加物にはホルモンかく乱作用があると言われるものもあります。特に、成長期に受ける影響が一生涯ずっと続く可能性もあるのです。

それでも、100%大丈夫と言えるでしょうか?

正しく知って自分を守ることが大切

マイクロプラスチックが私たちの健康や美容、環境に及ぼす悪影響については、まだまだ不明な点がたくさんあります。ようやく最近、多くの研究者や団体により調査が進められるようになりました。
今後、論文や発表で、これから様々なことがわかってくるといいですね。

 

化粧品成分のリスクに着目する「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは化粧品成分によるアレルギーや肌刺激リスクに徹底的に着目。2500の成分を使わない敏感肌の人も使えるエシカルスキンケアブランドです。
使わない成分と同じぐらい厳しい基準で選んだ9つの保湿成分を配合。肌にしっかりとうるおいを与え、健やかな肌をサポートします。
https://concio.jp/

https://concio.jp/

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3