ご利用ガイド

隠すものはありません

よさそうなものと、肌がよろこぶものは違います。
よさそうなものと、地球にやさしいものも違います。
人間の肌と健康、そして海と地球にとって
本当にいいものを作ろうと思いました。

化粧品の成分を徹底的に研究し、
自分たちが使いたくない成分を選んでいくと、
2500種類以上もありました。

私たちは、1200種類以上の
マイクロプラスチック成分を配合しません。
肌や健康にとって
いいとは言い切れない成分も配合しません。
イメージを優先するのではなく、正直に、
必要なものだけを使ったものを
作っていきたいと思っています。

Our Story

メンバーの子供がアトピーを発症しました。
それも、ある日突然。
シャンプーやボディクリームが原因かもしれないと、
使っていた化粧品の全成分を調べました。
そして、自分たちが使っている化粧品には、
地球と人間に優しくない成分が
たくさん入っていることを知りました。


多くの化粧品に入っているマイクロプラスチックが、
海や地球を汚していることがショックでした。
アレルギー、ホルモンバランスの乱れ、
がん、生殖機能不全、免疫力の低下、
神経系や内臓系の疾患、皮膚トラブル、
肌荒れ、乾燥肌。

自分たちの肌や健康の不調の原因が、
化粧品成分に潜んでいるかもしれないことに、
戸惑いました。
人間の肌と健康、地球、環境のすべてに対して
やさしい化粧品はないかと探しましたが、
選択肢がほとんどないことに愕然としました。

CONCIOは、そんな私たちが
「誰もが納得して使えるように」と願い、
作ったブランドです。
誰も何も犠牲にすることのない
本当の美しさが、
あなたにも届きますように。

CONCIO 5つの約束

1. 美しい海と地球を守る

エベレストの山頂、マリアナ海溝の海底、水道水、野菜、果物、空気中、人の肺や血液、母乳、胎児の胎盤などから
マイクロプラスチックは発見されています。
化粧品原料データベースに登録されている
1万種類以上の成分のうち、1200種類以上が
マイクロプラスチック(合成ポリマー)および生分解性に
疑念がある成分だとされています。
美しい海と地球を守るため、
マイクロプラスチックと生分解性に疑いがある
合計1200種類以上の成分を、私たちは配合しません。
私たちが使わない成分リスト

2. 肌をいじめない

化粧品の成分は、天然由来・オーガニックだから安心で
肌にやさしいとは限りません。
果物アレルギーの人や花粉症の人がいるように、
厳しい自然環境で育った植物だからこそ、
人間の肌や健康には毒になり、
刺激が強すぎることもあります。
できるだけ多くの人に使ってもらえるように、
CONCIOでは独自の基準を設け、自分たちが使う場合に
肌への刺激性やアレルギー性を不安を感じると思った成分は、天然由来・合成に関わらず配合しません。

3. 健康を思いやる

経皮毒と言われるように、
化粧品成分の中には皮膚から吸収されるものがあります。
化粧品は、ほぼ毎日肌に塗るもの。
その化粧品が長期的に健康に与える影響は未知数です。
内分泌かく乱物質、発がん性、内臓器官や生殖器官、
発育や免疫系への影響など、CONCIOが独自に設ける基準で
人間の健康への心配をクリアにできない成分は、
天然由来・合成に関わらず配合しません。

4. 環境を傷つけない

人間は、この美しい地球上で
自然環境や他の生物と共存する存在です。
CONCIOは、他の動物を危険に晒して得られる成分、
美しい地球の存続を脅かす成分、人間の尊厳を奪う
労働環境によって得られる原料をできる限り使用しません。
また、容器や配送手段においても、
排出するCO2量や使うもののライフサイクルを考慮し、
地球環境にやさしい選択を優先します。

5. 何も隠さない

CONCIOが配合しない2500種類以上の成分や、
ユーザーと未来の地球にとって重要だと考える情報を
積極的に公開します。
また、ユーザーや社会との正直なコミュニケーションを
何よりも大切にします。
いつでも、自分たちの選択と行動に責任を持ち、
自分たちに対する意見や提案には素直に耳を傾け、
真摯に向き合います。
CONCIOへのご意見・ご提案
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3