化粧品成分のアクリレーツコポリマーはマイクロプラスチック

化粧品成分のアクリレーツコポリマーはマイクロプラスチック

化粧品に入っているマイクロプラスチック

化粧品成分として使われるマイクロプラスチックには、1200種類以上あります。日本では合成ポリマーと言われているほとんどの成分が、生分解性のないマイクロプラスチックです。

マイクロプラスチックをなるべく肌に塗りたくない。そう思っても、複雑な名前や多すぎる種類を見て、避けるのを難しく思う人もいるかもしれません。

この記事では、多くの化粧品で使われている「アクリレーツコポリマー」というマイクロプラスチック成分について書いてみます。

アクリレーツコポリマーってなに?

アクリレーツコポリマーは、いろんな化粧品に配合されています。

特に2016年に日本でマイクロビーズの使用規制が始まって以降、ポリエチレンやPET、PMMA、PVCなど「マイクロビーズ」として広く認知されているマイクロプラスチックに代わって、アクリレーツコポリマーの使用が大幅に増えました。

アクリル酸やメタクリル酸などで構成される小さい分子(モノマー)が2つ以上結合すると「アクリレーツコポリマー」と呼ばれます。

アクリレーツコポリマーは、さまざまな種類の分子と結合することができます。そのため、無数のバリエーションがあり、それぞれに異なった名前が付けられています。

「アクリル酸〜〜ポリマー」という名前の成分を、化粧品の全成分表で見かけたことはありませんか?

それらがすべてアクリレーツコポリマー、つまりマイクロプラスチックです。

なぜアクリレーツコポリマーを配合するのか

  • 肌のハリを演出するため
  • シワ防止クリームで肌表面に膜を作るため
  • メイク製品に水や汗への耐性を加えるため
  • ヘアセット製品にテクスチャと湿気への耐性を加えるため
  • ヘア製品の静電気防止や粉末原料の沈澱防止のため
  • ネイル製品に粘着性を加えるため

アクリレーツコポリマーは、こんな目的で配合されています。しかし、肌や髪、爪などへの美容効果はありません。主に使用感や安定性の向上のために使われているんですね。

化粧品成分がなぜ配合されているのかを知ると、その成分が自分にとって本当に必要かそうでないかを判断するヒントになります。

マイクロプラスチック成分を使わないスキンケア「CONCIO」

国内外のエビデンスを徹底的に調査するCONCIO Academy。活動をとおして、こうだったらいいのになと感じてきたことをCONCIOというブランドで実現しました。

  • 1200種類以上のマイクロプラスチック成分を使わない
  • アレルゲンや肌刺激になる懸念がある成分を使わない
  • ホルモンかく乱や発がん性の懸念がある成分を使わない

など、合計2500種類以上の成分を使わないオールインワン化粧品です。
合成ポリマーもシリコンも入っていない肌にも地球にも優しい処方。敏感肌の方にもお使いいただけます。
*すべての人に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

 LINEでしか言えない情報を配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって、本当に優しい選択をするために、あなたもぜひ参加してください。

 以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。 https://lin.ee/6hvsmjU

 

LINE登録ロゴ

 

 

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
1 3