化粧品に入っているアンモニアが水生生物に有毒

アンモニア:水生生物に有毒な化粧品成分

アンモニアが化粧品の原料?

アンモニアの独特の臭い。学生時代の理科の実験で、一度は経験したことがある人も多いのではないでしょうか。毒性が強いため、実験の際に手や目を保護して扱いましたよね。

実はあのアンモニアが、私たちが使っている日用品や化粧品にも使われていることを知っていますか?

 毎週日曜日、人気ブランドのコスメの気になる成分をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

アンモニアが自然界に与える影響

アンモニアは自然界に存在する物質。でも、その量が過剰になると、水生生物に有毒であることが知られています。生物の成長や生殖などの生理機能を損なうことが報告されているのです。

にもかかわらず、アンモニアやアンモニア化合物が入った製品を、私たち人間は使っています。使用後に排水されることにより、有害レベルのアンモニアが水生生態系に蓄積している可能性があるのです。

また、化粧品や日用品以外にも多くのアンモニアが農作物の肥料として使用されています。それらが雨水とともに流れ出て、水質汚染につながっている可能性もあります。

アンモニアは水生生物にも人間にも有毒

人間への影響

人間がアンモニアを吸い込むと呼吸器系に影響を起こす可能性があります。また、目への刺激も強く、気管支炎や肺炎を引き起こすことも。

アンモニアが肌に触れると、皮膚に存在する水分を溶解します。そして、水酸化アンモニウムに変わります。

水酸化アンモニウムは、接触した組織を壊死させる化学物質。喘息を誘発し、感作性もあるとされています。そのため、特に、喘息持ちの人や化学物質に対して敏感な人、敏感肌の人は注意が必要かもしれません。

しかし、皮膚感作による神経毒性、生殖機能毒性、発達への影響について、実は科学的な情報がほとんどありません。
重度のやけどや水疱が生じるほどの刺激物質ではあるものの、それ以上のことには不明瞭な点が多いのです。

アンモニアが配合されているもの

アンモニアおよびアンモニウム化合物はヘアカラー剤、洗剤、洗浄剤などに配合されています。

それ自体は透明な気体ですが、他の物質や化学成分と結合します。水酸化アンモニウム、塩化アンモニウム、グリチルリチン酸アンモニウムは、パーソナル製品でよく使用されているアンモニウム化合物です。

そして、化粧品では次のような成分があります。

  • アンモニア水
  • PEG-7ジメチコン硫酸アンモニウム
  • (VA/クロトン酸)コポリマーアンモニウム
  • アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム
  • (アクリレーツ/メチルスチレン/スチレン)コポリマーアンモニウム

アンモニウム化合物には多くの種類があります。

不要な接触を避けるためには、「アンモニア」や「アンモニウム」が入った成分が使われていないかを確認するようにしましょう。

LINEでしか言えない情報を配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU

肌と健康への影響を考えたスキンケア「CONCIO(コンシオ)」

  • 1200以上ある合成ポリマーとシリコーン成分を使わない
  • アレルギーや肌刺激のリスクが高い成分を使わない
  • ホルモンかく乱や発がん性の懸念がある成分を使わない

など、CONCIOは合計2500以上の成分を使わないオールインワンスキンケアです。
また、使わない成分と同じぐらい厳しい基準で選んだ9つの保湿成分を配合。肌にしっかりとうるおいを与え、肌バリアをサポートします。

*すべての人に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

https://concio.jp/

CONCIOの商品 

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3