パッケージがエコでも「やさしい化粧品」とは限らない

パッケージがエコでも「やさしい化粧品」とは限らない

やさしい化粧品とは

化粧品の容器が環境にやさしい素材でできているか、を気にする人は多いかもしれません。でも、化粧品の成分に何が使われているかも気にしていますか?

化粧水、乳液、クリーム、美容液、美容パック、ボディクリーム、ハンドクリーム。
健やかな肌のために必要だと信じて使っているそれらに、「マイクロプラスチックが入っているかもしれない」と考えたことはありますか?

 毎週日曜日、化粧品選びに役立つ豆知識をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

化粧品のマイクロプラスチック

ほとんどの化粧品に配合されている合成ポリマーは、液体状のマイクロプラスチックです。小さな粒子なので目で確認できるサイズではありません。でも、他のプラスチックと同じく自然に分解されることはありません。

私たちの肌から洗い流されたマイクロプラスチックは、排水されていきます。下水処理場のフィルターもくぐり抜け、海洋へと流れ出ていき、海の中で浮遊し続けます、

2020年の調査によると、私たちの地球の海底には1400万トンのマイクロプラスチックが存在しているそうです。人間サイズに換算すると、体重約60kgの人が2億3800万人分(日本の総人口の約2倍!)。

その一部は、私たちが使っている化粧品が原因かもしれないのです。

なぜマイクロプラスチックが使われるのか

化粧品にマイクロプラスチックを配合すると、安くて簡単に消費者が好むテクスチャを作り出すことができます。

化粧水にとろみをつけたり、クリームをリッチな使用感にすることもお手のもの。水がベースのクリームをジェル状にすることも簡単。ユーザーが好みそうな使用感の多くは、マイクロプラスチックが演出しているのです。

肌に無害だったら大丈夫?

「刺激性が少なく、肌にはほとんど無害」
これが、長年マイクロプラスチックが化粧品に配合されてきた理由です。

でも、自然環境への影響への配慮はどうでしょうか?
それに、私たちのホルモンバランスや生殖機能、発がん性など、肌以外の体への影響はゼロなのでしょうか?

実は、マイクロプラスチックの長期的な塗布による人間の肌や健康への影響は、世界中でほとんどわかっていません。
最近になってようやく調査を進み始めたばかりだからです。

選ぶのは、私たち

パッケージがエコだから、イメージがいいからといって、肌や地球環境にやさしいとは限りません。
自分たちに必要なもの・地球や自然環境に負担をかけないものを見極め、選ぶのは私たちなのです。

 

化粧品成分のリスクに着目する「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは化粧品成分によるアレルギーや肌刺激リスクに徹底的に着目。2500の成分を使わない敏感肌の人も使えるエシカルスキンケアブランドです。
使わない成分と同じぐらい厳しい基準で選んだ9つの保湿成分を配合。肌にしっかりとうるおいを与え、健やかな肌をサポートします。

https://concio.jp/

https://concio.jp/

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3