保湿に優れたスクワラン

スクワランが肌と髪におすすめな理由

保湿に優れたスクワラン

私たちの体には、肌をうるおす機能が備わっています。でも、いつでも誰でも十分なうるおいを得られるわけではありません。特に年齢を重ねるごとに、うるおいを感じにくくなります。だからこそ、私たちはたくさんの化粧品を使って保湿をしようとします。

スクワランは数ある保湿剤のひとつ。人間の皮脂のような働きで、肌を柔らかくしてくれます。また、天然由来の抗酸化物質でもあります。

 毎週日曜日、化粧品選びの参考になる情報をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

スクワラン?スクワレン?

スクワレンは人間の皮膚細胞が自然に作り出す脂質。歳を重ねるごとに作り出される量が少なくなります。10代をピークに、20代から30代にかけて減少。そのため、加齢により肌が乾燥を感じやすく、ごわつきも感じられるようになるのです。

スクワレンは人間だけが作る脂質ではありません。サメの肝臓やオリーブ果実、米ぬかやサトウキビにも存在しています。

これらのスクワレンを化粧品で使えるよう安定させたのが、スクワランです。

オリーブ果実からも採取できるスクワラン

スクワランがもたらす効果

健康的な肌に必要なうるおい。スクワランを肌に塗ることで、足りなくなったスクワレンを補い、うるおい効果が期待できます。

また、スクワランに含まれる抗酸化物質は、肌のダメージやフリーラジカルも防いでくれます。日常的に使うことでコラーゲンの生成を促進し、ハリのある肌へと導いてくれます。

スクワランの髪への効果

スクワランの嬉しい効果は顔やボディ以外でも。特にヘアケアに使用するのがおすすめです。

髪に潤いを与えることでツヤが増し、切れ毛を防ぐと言われています。髪にも本来自然のオイルが備わっています。しかし、天候、年齢、食生活、紫外線などによるダメージで髪は乾燥してしまいます。
スクワランは髪の油分を補い、さらなるダメージから髪を守ってくれるのです。

ニキビ肌やオイリー肌にも

ニキビ肌やオイリー肌の方は、間違ったスキンケア製品を使うと、吹き出物ができやすくなることが。また、シミを悪化させることもあります。しかし、スクワランはどんな肌タイプでも使える優秀な保湿剤。

他のオイルや保湿剤が重すぎたりオイリーすぎて肌に合わない場合でも、スクワランなら問題なく使えることも。軽い使用感でノンコメドジェニックなので、毛穴を詰まらせることはありません。

もちろん、敏感肌乾燥肌の人にもおすすめの保湿成分です。

スクワランを選ぶときには

上述したとおり、スクワランはサメの肝臓から採取されることがあります。
その場合、決して環境にやさしく持続的な選択とは言えません。

サメではなく、植物由来のスクワランを使用しているものを選ぶようにしましょう。

化粧品成分のリスクに着目する「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは化粧品成分によるアレルギーや肌刺激リスクに徹底的に着目。2500の成分を使わない敏感肌の人も使えるエシカルスキンケアブランドです。
使わない成分と同じぐらい厳しい基準で選んだ9つの保湿成分を配合。肌にしっかりとうるおいを与え、健やかな肌をサポートします。
https://concio.jp/

https://concio.jp/

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3