乾燥肌の原因

乾燥肌を招く12の原因

その肌トラブル、乾燥肌が原因かもしれません

顔がつっぱる。肌がかゆい。かさつく。ごわつく。
そんな症状がある人は肌が乾燥しているかもしれません。

日本の冬は空気が乾燥します。そのため、冬にだけ症状が出る季節性の乾燥肌の人は多いと思います。でも実は、肌が年中乾燥する可能性は大いにあります。

もし、肌のつっぱりやかゆみを年中とおして感じているなら。それは、皮膚に本来蓄えられている油分が少なくなり、表皮が水分レベルを保てなくなっているのかも。

乾燥肌が悪化すると

乾燥肌が悪化すると、皮膚が剥がれたり、ひび割れを起こします。そこまでではなくても、放っておくと小じわやほうれい線が深くなる原因に。

また、しっかりと保湿しているつもりでも、その方法が間違っていると乾燥肌は改善されません。肌表面は潤ったように感じていても、実はその下では乾燥が悪化していることもあるからです。

保湿したのに乾燥肌が続く。そんな時にはスキンケアや毎日のルーティンを見直すタイミングかもしれません。

乾燥肌の原因

乾燥肌は遺伝や加齢にも関係しているとされています。しかし、実はそれ以外にも原因はたくさんあります。

下記の12の原因に心当たりはありませんか?

シャワーやお風呂の温度が熱すぎる

一日の始まりや終わりに、熱いシャワーやお風呂でリラックスしたい人も多いかも。でも、熱すぎるお湯は肌の乾燥を招きます。肌本来の油分を奪い、赤く乾燥した肌の原因に。
真冬でもお湯の温度を下げ、シャワーやお湯につかる時間は10分以内にしましょう。

熱いお湯が乾燥肌の原因に

極端な温度変化

冬は暖かい室内と寒い屋外を行き来します。また、夏は冷房でよく冷えて乾燥した室内と高湿度の屋外を移動します。
移動をするたびに肌は大きな温度変化にさらされます。急激な気温差や湿度の変化で、肌の皮脂コントロールが乱れる可能性が。
エアコンが効きすぎないよう室温を調整しましょう。

正しい保湿剤を選んでいない

合成ポリマーシリコンが配合されたクリームや乳液は、リッチなテクスチャで保湿力が高いように思います。
でも、これらの合成成分は肌表面に保湿感を与えるだけ。肌そのものがうるおうわけではありません。

スクワランやシアバター、植物オイル、グリセリンなど、高い保湿力がある成分が配合されているものを選びましょう。

夜に保湿していない

夜寝ている間に、肌は修復モードに入ります。寝る前には保湿力があるクリームなどを必ず塗りましょう。また、十分な睡眠をとることも大切です。

洗顔料がきつすぎる

乾燥肌や敏感肌の人は、肌の油分を奪い過ぎてしまうクレンジングや洗顔料を避けましょう。
おすすめのクレンジングは植物油脂が主成分のクレンジングオイル。界面活性剤が主成分のオイルは、脱脂力が強すぎることがあります。
また、石けんは意外と脱脂力が高め。乾燥肌の原因になる可能性があります。

そして乾燥は気になる時は、朝の洗顔に洗顔料は不要。
せっかく夜に分泌された皮脂を落としすぎる可能性があるからです。水やぬるま湯で洗い流すか、ベタつきが気になるところだけに洗顔料を使いましょう。必要な皮脂を落とし過ぎないように意識することが重要。

角質の取りすぎ

ピーリング作用が強い化粧品を使っていませんか?角質を取りすぎると肌の水分バリアにダメージを与えます。その結果、刺激を受けやすい肌に。もちろん、乾燥肌にもつながります。

紫外線対策をしていない

紫外線による肌の乾燥を無視することはできません。できれば毎日、日焼け止めを塗るのがおすすめ。日焼け止めは、紫外線吸収剤が入っておらず、低刺激のものを選びましょう。
 
ただ、日焼け止めには肌の乾燥を招く成分が入っていることも。そして肌への刺激が強かったり、肌に残りやすい成分も配合されがち。そのため、肌が弱い人の中にはどの日焼け止めも合わないという可能性も。
そんな人はUVカット効果が高い日傘や帽子、サングラスでしっかり紫外線対策をしましょう。
紫外線を防いで乾燥肌を予防する


オイルを塗らない

スキンケアでオイルを使うと、ニキビやテカリが心配という人もいるかもしれません。
でも、オイルは乾燥肌なら取り入れるべきアイテム。ニキビやテカリが気になる場合は、ノンコメドジェニックで肌なじみのいい植物オイルを選べばOK。
例えば、ホホバオイルやアルガンオイルをクリームの前に数滴。あるいは、これらのオイルが配合されたクリームがおすすめです。


過剰なスキンケア

健やかな肌にスキンケアは大切。でも、過剰なスキンケアは肌を甘やかします。
保湿剤を何度も塗り重ねないと乾燥する場合は、すでに依存肌になってしまっているかも。
足りない分を補う意識が重要。肌のうるおいに十分な量を見極め、適量を守りましょう。


遺伝

 残念ながら、遺伝による乾燥肌の人がいることも事実。
そんな人は、1日2回、ヒアルロン酸やセラミド、グリセリンなどが配合された保湿剤を使いましょう。これらの成分は肌にうるおいを与え、水分を蓄えてくれるとされています。


加湿器を使わない

いくら顔に保湿剤を塗っても、空気が乾燥していてはイタチごっこ。
冷暖房が効いている室内にいる時間が長い人は、できるだけ加湿器を使いましょう。特に寝ている間の使用は忘れないように。


ヘルシーな脂質を食べていない

インナーケアを意識していますか?
健康的な肌には、健康的な食事も大切です。
サーモン、サバ、ナッツ類、アボカドなど、栄養豊富でヘルシーな脂肪を含む食品を積極的に摂りましょう。ビューティフードと言われるこれらの食べ物は、肌の水分レベルを高めてくれる考えられています。

9つの保湿成分配合のスキンケア「CONCIO」

国内外のエビデンスを徹底的に調査するCONCIO Academy。活動をとおして、こうだったらいいのになと感じてきたことをCONCIO(コンシオ)というブランドで実現しました。

  • 1200種類以上のマイクロプラスチック成分を使わない
  • アレルゲンや肌刺激になるリスクが高い成分を使わない
  • ホルモンかく乱や発がん性の懸念がある成分を使わない

など、合計2500種類以上の成分を使わないオールインワンスキンケア。

オリーブ由来のスクワランホホバオイルなど、9種類の厳選した保湿剤を配合。
余計なものを入れず、天然活性成分を高濃度で抽出した酵母エキスやヒアルロン酸Na(非動物由来)など、本当に肌に必要なものだけで作っています。
地球にも肌にもやさしいスキンケアです。
*すべての人に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

LINEでしか言えない情報も配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって、本当に優しい選択をするために、あなたもぜひ参加してください。

 以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。 https://lin.ee/6hvsmjU

LINE登録

 

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3