敏感肌の原因

敏感肌の原因と対策

敏感肌とは?

敏感肌は、皮膚科医が診断できる病気ではありません。肌の状態を表す症状です。もしかすると、自分が敏感肌であるという自覚がない人もいるかもしれません。

治療が必要なほど敏感肌の症状が深刻なことは稀。スキンケアのルーティンをいくつか見直すだけでも、症状が安定することもあります。

でも、原因を特定しないまま、やみくもにスキンケアを変更しても悪化するだけ。

この記事では、敏感肌を招く可能性がある原因、注意すべき症状、そして商品を選ぶときの注意点をご紹介します。

敏感肌の原因:乾燥性敏感肌

肌の水分や油分を失いすぎた場合、乾燥肌を招きます。そして、乾燥肌が敏感肌の原因になる可能性が。

敏感肌の原因は乾燥かもしれません。
乾燥性敏感肌の場合の症状は下記のとおり。

  • かゆみ
  • 皮膚がむける
  • 触るとごわごわする
  • ひび割れ
  • 赤みが出る

乾燥性敏感肌の対策

1日に2~3回、乾燥するところを保湿しましょう。乾燥を感じる前に保湿することが重要です。

顔の保湿には化粧水ではなく、クリームがおすすめ。化粧水を塗る場合にも、化粧水の後にクリームをしっかりと。

保湿剤は何度も塗布するので、毒性が強い防腐剤などの成分が入っていないものを選びましょう。また、香料は天然・合成を問わず、肌刺激になるため、香料不使用のものを選ぶのがいいでしょう。

それから、洗顔時に皮脂を落としすぎないことも大切。
石けん成分は脱脂力が高いため、おすすめできません。石けん成分が入っておらず、植物油などで保湿力を維持できる洗顔料を選びましょう。

濃いメイクは落とすときの肌負担が大きいため、できればメイクは薄めに。帰宅後はすぐにメイクを落として保湿をすることが大事。

敏感肌の原因:接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、毒性や刺激が強い成分に肌が触れた場合に起こります。洗剤や衣服の繊維、化粧品などに原因物質が潜んでいます。

また毒性が弱い物質でも、毎日繰り返し接触することで、皮膚炎の症状を起こすことがあります。
接触製皮膚炎による敏感肌の場合、こんな症状がでます。

  • 赤い発疹
  • かゆみ
  • 乾燥やひび割れ
  • 水ぶくれ
  • 腫れ
  • ヒリヒリ感

接触性皮膚炎による敏感肌の対策接触性皮膚炎が原因の敏感肌もある。

原因物質を避ければ、多くの場合は2~4週間で症状は治ります。
繰り返さないための唯一の対策は、原因物質を特定すること。そして、その物質を避けて生活することです。

接触性皮膚炎の症状は、触れた場所に症状が生じます。新しい化粧品や洗剤を使った場合、症状が現れた場所から製品を特定し、それらに配合されている成分を必ず確認しましょう。また、症状がひどい場合には、必ず皮膚科を受診しましょう。

敏感肌の原因:アレルギー性皮膚炎

スキンケア製品やメイクアップ製品には、人間にとってアレルゲンとなる成分が配合されていることがよくあります。アレルギー性皮膚炎は、アレルゲンとなる特定の物質に対して、肌が反応している状態。
実はアレルギー反応なのに、単なる肌荒れだと思っている人もいるかもしれません。

アレルギー性皮膚炎による敏感肌の場合、こんな症状が現れます。
  • 赤み
  • かゆみ
  • 水ぶくれ
  • ヒリヒリ感
  • 腫れ
  • 細かな発疹

アレルギー性敏感肌の場合もあります。

アレルギー性皮膚炎による敏感肌の対策

まずはどの成分や物質にアレルギー反応が生じるのかを特定する必要があります。
「肌にやさしい」「敏感肌用」として販売されている製品でも、アレルゲンとなる成分が配合されていることがあります。合成成分でも、天然由来成分でも、アレルギー反応が現れることがあります。

原因となる成分を特定するため、まずは配合されている成分の種類が少ない化粧品に変えてみましょう。

また、特定の食品にアレルギーがある場合には、その食物由来の成分が配合された化粧品の使用は避ける必要があります。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3