レチノールに続く美容成分バクチオール

バクチオールは次世代レチノール?

バクチオールはレチノールよりも刺激が少ない

エイジングサインに働きかける美容成分のレチノール。しみやしわ、ニキビが気になる人なら試したことがある人も多いかもしれません。

とても人気がある成分ですが、ひとつ欠点が。それは、肌への刺激が強いこと。
人によっては赤くなったり皮がむけたり、ヒリヒリすることがあります。

また、繰り返し使うことで肌が慣れてしまい、徐々に効果が薄くなることも。そのため塗布量を増やしたりして、ますます肌への負担が大きくなってしまう可能性もあります。

そんなレチノールの代わりになる新成分として、バクチオールが登場しました。
レチノールよりも刺激が少なくヴィーガンであると、話題になりつつあります。

 毎週日曜日、人気ブランドのコスメの気になる成分をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

レチノールはなぜ人気?

バクチオールの話をする前に、まずはレチノールの人気の理由を説明します。

レチノールは、ビタミンA誘導体であるレチノイドの中で3番目に強力な成分。シワや小ジワ、くすんだ肌に働きかけます。皮膚細胞の再生を促進し、コラーゲンの生成も促すという優秀さ。

12週間使用することで、よりなめらかでハリのある肌になったという調査結果もあります。

具体的には、レチノールには次のようなことが期待できるとされています。

  • キメを整える
  • トーンアップ
  • 水分レベルの向上
  • 色素沈着と日焼けダメージを和らげる
  • ニキビの炎症や吹き出ものの鎮静

試してみたい!と思う成分であることも頷けます。

しかし、敏感肌の人にとっては刺激が強すぎることも。また、肌への強い刺激が深刻な皮膚炎につながる可能性もあります。
そのため、アトピーやアレルギー体質で肌が弱っている人には、決しておすすめできない成分。
カナダやEUでは化粧品への配合が制限されているほどなのです。

バクチオールが注目される理由

レチノールに続いて、新たに注目を集めているバクチオールは、中国やインドの回復医療で長年使われてきた植物エキス。
マメ科の植物オランダビユという植物の種子と葉に含まれる抗酸化物質です。その働きが小じわを防ぎ、色素沈着を抑え、弾力やハリに役立つことが研究でも示されています。

ヴィーガンのレチノールと言われるバクチオール

バクチオールはビタミンA誘導体ではありません。そのため、レチノールのような刺激性がないことが最大の特徴。
それでいて、同じようなアンチエイジング効果が見込めるため、レチノールが肌に合わなかった人でも試しやすい選択肢として注目されているのです。

バクチオールとレチノールの効果の違いは?

バクチオールとレチノールのアンチエイジング効果を計測するため、44人を対象にした臨床実験が行われました。

この実験では、バクチオールが0.5%配合されたクリームを1日2回顔に塗った人と、レチノールが0.5%配合されたクリームを1日1回塗った人の12週間後の効果が比較されています。

結果は、バクチオールとレチノールのどちらにおいても、シワと色素沈着が減少。減少率においても、効果に差はなかったとされています。

一方、レチノールを使った人には、肌のキメの荒さと刺激を感じた人がより多くいました。この結果から、バクチオールはレチノールと同程度の効果がある上、刺激が少ない選択肢になる可能性が示されています。

バクチオールの懸念点

ここまでのことを振り返ると、バクチオールは優れた成分と言えそうです。特に敏感肌などでレチノールが肌に合わなかった人の中は、バクチオールを試してみたい人もいるかもしれません。

でも、バクチオールはまだまだ新しい成分。そのため、安全性と効果において十分な数の検証が行われていないことも事実です。

まだ検証中である成分であることをよく理解した上で、肌の様子を注意深く観察しながら、少しずつ試すのがいいかもしれませんね。

LINEでしか言えない情報を配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU

肌刺激のリスクに着目したスキンケア「CONCIO」

国内外のエビデンスを徹底的に調査するCONCIO Academy。活動をとおして、こうだったらいいのになと感じてきたことをCONCIO(コンシオ)というブランドで実現しました。

  • 1200以上の合成ポリマーとシリコーン成分を使わない
  • アレルギーや肌刺激のリスクが高い成分を使わない
  • ホルモンかく乱や発がん性の懸念がある成分を使わない

など、合計2500以上の成分を使わないオールインワンスキンケアです。

使わない成分と同じぐらい、厳しい基準で選んだ9種類の保湿成分を配合。余計なものを入れず、本当に肌に必要なものだけで作った本当の保湿肌を、ぜひ実感してみてください。
*すべての人に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

https://concio.jp/

CONCIOの商品

 

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 安全な日焼け止めの正しい選び方

    2024年最新版:安心な日焼け止めの正しい選び方

    日焼けしたくない。でも、どんな日焼け止めを選ぶのが正解かわからない。 そんな人のための安心な日焼け止めを選ぶポイントを網羅した完全版ガイド。お肌のタイプや価値観に合わせて、自分に合った日焼け止めを探してみてくださいね。 

    2024年最新版:安心な日焼け止めの正しい選び方

    日焼けしたくない。でも、どんな日焼け止めを選ぶのが正解かわからない。 そんな人のための安心な日焼け止めを選ぶポイントを網羅した完全版ガイド。お肌のタイプや価値観に合わせて、自分に合った日焼け止めを探してみてくださいね。 

  • 化粧品に入っている酸化亜鉛は安全?

    化粧品に入っている酸化亜鉛は安全?

    少しでも肌にいいものと選んだ「ノンケミカル」の日焼け止めや化粧下地。確かに紫外線吸収剤よりもリスクは低いですが、ノンケミカル処方で使われるUV成分にも注意したいポイントがあります。

    化粧品に入っている酸化亜鉛は安全?

    少しでも肌にいいものと選んだ「ノンケミカル」の日焼け止めや化粧下地。確かに紫外線吸収剤よりもリスクは低いですが、ノンケミカル処方で使われるUV成分にも注意したいポイントがあります。

  • 化粧品成分のトリクロサンとトリクロカルバンは安全?

    化粧品のトリクロサンとトリクロカルバンは安全?

    ボディソープやメイクアップ製品に配合されていることがあるトリクロサンとトリクロカルバン。現在ではホルモン作用のリスクが指摘されている抗菌剤の安全性についてまとめました。

    化粧品のトリクロサンとトリクロカルバンは安全?

    ボディソープやメイクアップ製品に配合されていることがあるトリクロサンとトリクロカルバン。現在ではホルモン作用のリスクが指摘されている抗菌剤の安全性についてまとめました。

1 3