化粧品に入っているEDTAの役割と環境への影響

化粧品に入っているEDTAの役割と環境への影響

EDTAとは

EDTAはの正式名称はエチレンジアミン四酢酸。エデト酸と呼ばれることもあります。スキンケアやボディケア製品によく含まれる水溶性の成分です。

複数の種類のEDTAがありますが、化粧品ではEDTA2NaとEDTA4Naがよく使用されます。この二つの主な違いは分子の構造とpH値。化粧品への配合の目的は同じです。

化粧品では主にキレート剤としてEDTAは配合されます。その他にも防腐効果や、洗浄剤の泡立ちをよくする働きがあります。

化粧品に配合されるEDTAの役割

キレート作用

EDTAはキレート剤として使用されると上述しました。キレート剤とは、ミネラルイオンと結合して不活性化する成分のこと。ミネラルが多く溶け込んだ水や硬水の中で、化粧品成分の機能が邪魔されないようにしてくれます。

もともとEDTAは、衣服などの繊維製品を製造する際に使用されてきました。繊維加工時に使用する硬水にEDTAを使い、水を軟化させるのです。また、繊維に付着した金属イオンを洗浄するためにも使用されてきました。

化粧品でも、カルシウムやマグネシウム、鉄と結合して複合体を形成。製品の泡立ちや洗浄力を向上することができます。また、これらの複合体により、皮膚や髪にミネラルが蓄積するのを防ぐ役割も。

防腐作用

上記のキレート作用により、EDTAは防腐剤としても機能します。
細胞内のカルシウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルを不活性化することで、バイオフィルムなどの成長を防止。バイオフィルムは、細菌が環境から身を守るために作り出す防護壁です。バイオフィルムが作れなくなると、細菌は増殖できなくなるのです。

浸透力アップ

防腐剤としての用途以外にも、他成分のより深い浸透を促す可能性が報告されています。ただ、浸透が促されるのは良い成分だけではありません。肌や健康に望ましくない作用がある成分も同じように浸透しやすくなります。

化粧品を使う際には、他にどんな成分が配合されているのかを確認するようにしましょう。なお、EDTA自体が経皮吸収されることはないとされています。

EDTAには他成分の浸透をうながす働きもあります

EDTAの安全性

一般的にEDTAの化粧品への配合濃度は2%以下です。この濃度であれば、安全だと評価されています。また、発がん性や皮膚や目に対する刺激性は認められていません。

一部で生殖機能への毒性の指摘も見られます。EDTAには弱い変異原性があり、大量のキレート剤を口から摂取すると生殖機能に影響を及ぼす可能性があると示唆されているのです。

しかし、これらの指摘はスキンケアに配合される濃度をはるかに超えた濃度で実施された研究結果。スキンケアではその影響を受ける可能性は極めて低いと考えられます。

EDTAによる環境への影響

人体や肌には悪い影響はなさそうなEDTA。では、自然環境への影響はどうでしょうか?

実は、EDTAは生分解性に乏しい成分。排水後は自然界に存在するイオンと結合してしまうため、水生生物のくらしに影響を及ぼしていることが問題視されています。人間が排水したEDTAが、水生生物が必要とするミネラルを奪ってしまっている可能性があるためです。

日本の環境庁においても、詳細な調査の対象となる物質とされています。また、環境への影響を懸念して、近年はEDTAにに代わる生分解性キレート剤の開発が世界中で取り組まれています。

LINEでしか言えない情報も配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって、本当に優しい選択をするために、あなたもぜひ参加してください。

 以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。 https://lin.ee/6hvsmjU

LINE登録

環境のことを真剣に考えたスキンケア「CONCIO」

  • 1200種類以上のマイクロプラスチック成分およびシリコンを使わない
  • アレルゲンや肌刺激になるリスクが高い成分を使わない
  • ホルモンかく乱や発がん性の疑念がある成分を使わない

など、CONCIO(コンシオ)は、合計2500種類以上の成分を使わないオールインワンスキンケアです。
使わない成分と同じぐらい厳しい基準で選んだ9つの保湿成分を配合。肌にしっかりとうるおいを与え、肌バリアをサポートします。

地球にも肌にもやさしいスキンケアを、ぜひ実感してみてください。

https://concio.jp/

CONCIOの商品

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品のピロ亜硫酸Naは肌に悪い?

    化粧品のピロ亜硫酸Naは肌に悪い?

    配合成分の酸化や変質を防ぐために多くの化粧品では酸化防止剤が使われています。ピロ亜硫酸Naも酸化防止剤一つ。長年、安全とされてきましたが、2763人に実施されたパッチテストではアレルギーのリスクが示されています。

    化粧品のピロ亜硫酸Naは肌に悪い?

    配合成分の酸化や変質を防ぐために多くの化粧品では酸化防止剤が使われています。ピロ亜硫酸Naも酸化防止剤一つ。長年、安全とされてきましたが、2763人に実施されたパッチテストではアレルギーのリスクが示されています。

  • 敏感肌はエタノールを避けるべき?

    敏感肌はエタノールを避けるべき?

    多くの化粧品に入っているエタノール。敏感肌には悪いというイメージがありますが、本当でしょうか?それに、化粧品には他にも「アルコール」とつく名前の成分がたくさん。 敏感肌の人はそれら全部を避けるべきなのでしょうか?

    敏感肌はエタノールを避けるべき?

    多くの化粧品に入っているエタノール。敏感肌には悪いというイメージがありますが、本当でしょうか?それに、化粧品には他にも「アルコール」とつく名前の成分がたくさん。 敏感肌の人はそれら全部を避けるべきなのでしょうか?

  • 日焼け止めスプレーは安全?

    日焼け止めスプレーは安全?

    お出かけ先や小さな子供にサッと使える便利な日焼け止めスプレー。でも実は、スプレータイプの日焼け止めには怖いリスクが。日本ではあまり知られていませんが、使用を避けるように呼びかけている国もあるほどです。 

    日焼け止めスプレーは安全?

    お出かけ先や小さな子供にサッと使える便利な日焼け止めスプレー。でも実は、スプレータイプの日焼け止めには怖いリスクが。日本ではあまり知られていませんが、使用を避けるように呼びかけている国もあるほどです。 

1 3