化粧品のPFASは皮膚から吸収される?

化粧品のPFASは皮膚から吸収される?

高まるPFASのリスクと心配

PFASは有機フッ素化合物と呼ばれる化学物質。少なくとも4,700種類以上あると言われています。自然環境ではほとんど分解されないため「永遠の化学物質(フォーエバーケミカル)」とも呼ばれます。

PFASなんて知らない。自分には関係ない。そう思う人もいるかもしれません。
でも実は、多くの人の身の回りにPFASを使った物は溢れています。たとえば、下のようなものにPFASが使われていることがあります。

  • テフロン加工のフライパン
  • 防水加工の服
  • テイクアウトフードの包装紙
  • 家具
  • カーペット
  • デンタルフロス
身の回りに溢れる毒性成分PFAS

化粧品にも使われるPFAS

水道水や海水、雨、地下水人間の血液からも検出されているPFAS。そのリスクは国際がん研究所でも「人に対する発がん性の可能性」とされています。
他にも先天性欠損症、免疫系への影響などの人体への影響を指摘するデータが増えてきています。

深刻な健康への影響を心配する声が高まる一方、いまだに化粧品ではPFASが使われていることが。
肌をなめらかに見せたり、ウォータープルーフ処方にしたり。化粧品の伸びがよくなり、耐久性・耐水性を高める効果などもあるからです。特に下記のような化粧品に配合されることがあります。

  • 日焼け止め
  • ファンデーション
  • マニキュア
  • 口紅
  • アイシャドウ
  • シートマスク
  • 化粧水
  • 乳液

ニュージーランドでは化粧品への使用を禁止

世界中で心配の声が高まる中、ニュージーランドでは2026年から化粧品へのPFASの使用を禁止することが決定されました。化粧品へのPFAS禁止を取り組む国は、ニュージーランドが初めてだそう。

なお、アメリカのいくつかの州でも、PFASを禁止または制限する法案が提出されています。カリフォルニア州では2022年9月に化粧品に含まれるPFASすべてを禁止になりました。

EUでは網羅的な規制に向けて、段階的に検討が進んでいます。

世界中で規制が進む化粧品へのPFAS使用

PFASは皮膚から吸収される可能性

様々なリスクが指摘されているPFAS。ですが、実はその危険性や毒性についてはわからないこともたくさんあります。

しかし最近になって、PFASが皮膚から吸収される可能性も発表され始めてきました。

飲食や吸入によって、口や鼻から体内に侵入することはわかっていました。しかし、蒸気や液体状のPFASが肌に触れる程度で、皮膚から吸収される可能性があるかもしれないというのです。

そんな物質を毎日、化粧品として肌に塗り続けると一体どうなるのか。考えると少し怖い気持ちになってしまいますね。

化粧品に入っているPFASの見分け方

わからないリスクを避けるため、PFASが入っていない化粧品を選びたいと考えても不思議ではありません。そんな人に、化粧品の成分名でPFASを見分ける方法を紹介します。

アメリカのFDAは、PFASの可能性がある化粧品成分の名前を公開しています。全部で35種類。ほとんどが長く難しい名前です。
すべてを覚えるのは難しいかもしれませんが、特に「パーフルオロ」「トリフルオロ」などが名前に入っている化粧品成分には注意するのがよさそうです。

  1. パーフルオロヘキシルトリエトキシシラン
  2. ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)
  3. トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア
  4. トリフルオロプロピルシクロテトラシロキサン
  5. トリフルオロプロピルシクロペンタシロキサン
  6. パーフルオロノニルジメチコン
  7. パーフルオロデカリン
  8. メチルパーフルオロブチルエーテル
  9. メチルパーフルオロイソブチルエーテル
  10. ポリパーフルオロメチルイソプロピルエーテル
  11. パーフルオロヘキサン
  12. トリフルオロアセチルトリペプチド-2
  13. パーフルオロパーヒドロフェナントレン
  14. ペンタフルオロプロパン
  15. HC黄13
  16. エチルパーフルオロブチルエーテル
  17. パーフルオロジメチルシクロヘキサン
  18. アセチルトリフルオロメチルフェニルバリルグリシン
  19. トリフルオロプロピルジメチル/トリメチルシロキシケイ酸
  20. トリフルオロプロピルジメチコン/トリフルオロプロピ ルジビニルジメチコンクロスポリマー
  21. トリフルオロメチルアルキル(C1-4)ジメチコン
  22. エチルパーフルオロイソブチルエーテル
  23. パーフルオロメチルシクロペンタン
  24. フルオロ(C9-15)アルコールリン酸
  25. パーフルオロノニルジメチコン/メチコン/アモジメチコンクロスポリマー
  26. (アクリレーツ/メタクリル酸パーフルオロヘキシルエチル)コポリマー
  27. トリフルオロプロピルジメチコン
  28. ポリパーフルオロエトキシメトキシジフルオロエチルPEGリン酸
  29. トリフルオロ酢酸ペンタペプチド-34
  30. パーフルオロジメチルエチルペンタン
  31. PEG-8トリフルオロプロピルジメチコンコポリマー
  32. メタクリル酸オクタフルオロペンチル
  33. パーフルオロアルキルリン酸
  34. ポリパーフルオロエトキシメトキシジフルオロヒドロキシエチル
  35. ジフルオロシクロヘキシルオキシフェノール

*上記の成分リストには、日本ですでに配合禁止になっている成分も含まれます。

ちなみに、アメリカでは2022年3月の時点で578の化粧品に上のいずれかの成分が入っていました。1年後の2023年3月までには使用されているPFASの種類が31種類に減少。しかし、少なくとも1種類のPFASを含む化粧品の数に変わりはなかったとされています。

一方、日本ではこのような情報が公開されることはほとんどありません。自分でできる範囲で、より安心だと思える化粧品を選ぶようにしたいですね。

 

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 3