マイクロプラスチック汚染が広がる状況

マイクロプラスチックが病気の原因に?

マイクロプラスチックを食べている私たち

ヨーロッパ、ロシア、日本に住む人間の排泄物からマイクロプラスチックが見つかったという研究調査があります。つまり、人間はマイクロプラスチックを体内に取り込み、排出しているのです。

では、取り込まれたマイクロプラスチックはすべて排出されるのでしょうか?あるいは、体内に蓄積するのでしょうか?

胃腸、腎臓、心臓からも検出

人間の体内に入ったマイクロプラスチックがどうなるか。
これまでに、最小サイズの粒子は腸バリアを通り抜け、血流までたどり着くこと。その後、血流に紛れて体内を巡ることがわかっています。

ラットの実験では胃腸、腎臓、心臓でマイクロプラスチックが検出されました。また、マウスの胎児魚の脳からも検出されています。

マイクロプラスチックで病気に?

北海やバルト海で見つかったマイクロプラスチックにはコレラ菌が付着していました。つまり、マイクロプラスチックの表面には、人間の病原体となる微生物がくっついているのです。

マイクロプラスチック汚染が広がる世界

もしマイクロプラスチックに病原体がくっついているなら、プラスチックごみが原因で世界に病気が広がる可能性があるのでしょうか?

恐ろしいことですが、可能性はゼロとは言えません。

プラスチックは自然分解しません。海の中でかなり長距離移動することもできます。日本国内だけでなく世界中のプラスチックゴミによる健康被害を、私たちは受ける可能性があるのです。

マイクロプラスチックがシワの原因?

健康面だけでなく、美容への影響も気になります。

ある調査ではマイクロプラスチックの影響を受けた人は、シワや白髪の原因となる酸化ストレスを受けやすくなるとされています。また、DNAの損傷や炎症などを引き起こす可能性も示唆されています。

マイクロプラスチックがシワの原因になる可能性

マイクロプラスチックは、プラスチックゴミから発生するだけではありません。
多くの化粧品では、最初からマイクロサイズで作られたプラスチックが多用されています。
容器だけではなく、成分としても

安く作れて安定性も抜群

プラスチックは安く大量に作れます。そして自然由来の成分よりも安定しやすいのです。
しかし、さまざまな懸念があり、まだ解明されていない疑問もたくさんあります。

自分たちの健やかなライフスタイルを守るため、プラスチック以外の選択肢をできるだけ選びたいですね。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3