妊娠中のスキンケアで知っておきたいこと

妊娠中の正しいスキンケア

妊娠中に起こる体の変化

「子供を産んだら体質が変わった」という人がいるほど、妊娠と出産は女性の体に大きな変化をもたらします。

例えば妊娠初期。

この頃に感じる変調は、実はつわりだけではありません。息切れや疲労感を感じやすくなったり、心拍数がいつもより速くなることも。
他にも頭痛や精神不安なども妊娠初期の兆候として知られています。

赤ちゃんが成長するために

また、お腹の中で急速に成長する胎児のために、心臓と肺の働きも変わります。胎児に胎盤や血液、酸素、栄養を届けないといけないからです。

そのため、妊娠中の体には次のような変化が起こります。

  • いつもより多くの血流を作るため、心臓のサイズが大きくなる
  • 妊娠中に十分な酸素を確保するため、血液量が50%増加する
  • 脈拍数がわずかに上昇する
  • 血圧は低下することがある

妊娠中に見られるこのような変化は、ごく一般的なこと。
しかし、自分の体とはいえ、知らないことがたくさんあることがわかります。

妊娠中のスキンケア

妊娠中の肌の変化

妊娠すると肌も変化します。特に多くの女性が気にするのは、妊娠線。
お腹が大きくなるにつれ、腹部、臀部、乳房、大腿部にできます。予防のためにクリームやローションで保湿するのがよいでしょう。

また、腹部には妊娠線とは違う黒い線が現れることも。これはホルモンの影響による一時的なもの。そのため、出産後には消えてなくなることが多いです。

また、顔に肝斑が現れることもあります。
肝斑はシミのような黒い斑点で、妊婦の50〜70%に現れるという調査もあります。

突然現れる肝斑

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンのレベルが高まります。そして、これらのホルモンが肝斑の一因と考えられています。

肝斑は額、鼻、上唇、頬の周りに現れる暗褐色の斑点。突然シミができたようで驚く人もいるかもしれません。

予防する確実な方法はありませんが、紫外線対策をすることで症状の悪化を抑えることができます。

ただ、通常とは異なるホルモンバランスの影響で、妊娠中の肌は敏感になりがち。普段よりも肌に負担がかからないスキンケアやメイクを心がけるようにしましょう。

肝斑以外の妊娠中の肌変化

また、肝斑だけでなく、ほくろやそばかす、あざの色にも変化が生じることもあります。これもまた、ホルモンによる色素沈着の影響。

肝斑もこれらの色素沈着も、ホルモンのバランスが落ち着けば薄くなるとも言われています。しかし、後に残らないかは心配ですよね。

そんな時は、ホワイトニング効果があるビタミンC誘導体が配合されたものを、スキンケアに取り入れてもいいかもしれません。

ただ、妊娠中に肌刺激が強い美容方法はNG。お腹の中の赤ちゃんへの影響も考えて、できるだけやさしい処方の化粧品を使いたいですね。 

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3