保湿に優れたスクワラン

スクワランが肌と髪におすすめな理由

保湿に優れたスクワラン

私たちの体には、肌をうるおす機能が備わっています。でも、いつでも誰でも十分なうるおいを得られるわけではありません。特に年齢を重ねるごとに、うるおいを感じにくくなります。だからこそ、私たちはたくさんの化粧品を使って保湿をしようとします。

スクワランは数ある保湿剤のひとつ。人間の皮脂のような働きで、肌を柔らかくしてくれます。また、天然由来の抗酸化物質でもあります。

スクワラン?スクワレン?

スクワレンは人間の皮膚細胞が自然に作り出す脂質。歳を重ねるごとに作り出される量が少なくなります。10代をピークに、20代から30代にかけて減少。そのため、加齢により肌が乾燥を感じやすく、ごわつきも感じられるようになるのです。

スクワレンは人間だけが作る脂質ではありません。サメの肝臓やオリーブ果実、米ぬかやサトウキビにも存在しています。

これらのスクワレンを化粧品で使えるよう安定させたのが、スクワランです。

オリーブ果実からも採取できるスクワラン

スクワランがもたらす効果

健康的な肌に必要なうるおい。スクワランを肌に塗ることで、足りなくなったスクワレンを補い、うるおい効果が期待できます。

また、スクワランに含まれる抗酸化物質は、肌のダメージやフリーラジカルも防いでくれます。日常的に使うことでコラーゲンの生成を促進し、ハリのある肌へと導いてくれます。

スクワランの髪への効果

スクワランの嬉しい効果は顔やボディ以外でも。特にヘアケアに使用するのがおすすめです。

髪に潤いを与えることでツヤが増し、切れ毛を防ぐと言われています。髪にも本来自然のオイルが備わっています。しかし、天候、年齢、食生活、紫外線などによるダメージで髪は乾燥してしまいます。
スクワランは髪の油分を補い、さらなるダメージから髪を守ってくれるのです。

ニキビ肌やオイリー肌にも

ニキビ肌やオイリー肌の方は、間違ったスキンケア製品を使うと、吹き出物ができやすくなることが。また、シミを悪化させることもあります。しかし、スクワランはどんな肌タイプでも使える優秀な保湿剤。

他のオイルや保湿剤が重すぎたりオイリーすぎて肌に合わない場合でも、スクワランなら問題なく使えることも。軽い使用感でノンコメドジェニックなので、毛穴を詰まらせることはありません。

もちろん、敏感肌乾燥肌の人にもおすすめの保湿成分です。

スクワランを選ぶときには

上述したとおり、スクワランはサメの肝臓から採取されることがあります。
その場合、決して環境にやさしく持続的な選択とは言えません。

サメではなく、植物由来のスクワランを使用しているものを選ぶようにしましょう。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3