CONCIO(コンシオ)は日本初のEWG認証スキンケアブランドです

CONCIOが日本の化粧品で初めて米国のEWG認証を取得

2024年6月、CONCIOは日本の化粧品ブランドとして初めて米国の第三者機関「EWG」による「EWG Verified」認証を取得しました。

EWGとは?

米国ワシントンを拠点にする団体で、正式名称は「Environmental Working Group」。

食品、日用品、化粧品などの毒性物質や安全性に対する消費者の意識向上を目指す世界最大のオンラインコミュニティで、3,100万人以上のコミュニティサポーターを抱えています。 

18歳〜34歳のアメリカ人の半数がEWGの情報を活用。全米および欧米諸国の安全安心を意識した生活に影響を与えています。

日本初!CONCIOがEWG認証を取得

2023年11月にデビューしたCONCIO(コンシオ)は、化粧品成分による肌と健康、環境そして動物への影響に徹底して配慮しています。

今回、日本初のEWG認証取得を実現したのは「All in One Milk Cream」と「All in One Serum」。

CONCIOの2ステップケア

 いずれも、敏感肌や化粧品選びに悩む人などから熱狂的に支持されている商品です。

EWG認証取得により、CONCIOが追求する化粧品の安全と安心が第三者機関に認められたことを、とても嬉しく思います。

EWG認証の化粧品は登録商品のわずか2.5%

EWGの化粧品データベース「EWG’s Skin Deep™️」には、大小問わず多くのブランドの化粧品が登録されています。

その数10万点以上。

しかし、EWG認証(EWG Verified)商品はそのうち2.5%程度のみ。

審査の行程や基準がすべて公開されているにも関わらず、その基準が非常に厳しいことから、認証取得が難しいと言われています。

2,200のEWG認証商品のうち、日本の化粧品はゼロだった

これまで米国ブランドのみならず、ヨーロッパや韓国の化粧品ブランドがこぞってEWG認証を取得しています。

しかし、2024年5月末の時点で約2,200点の化粧品がEWG認証を取得していたにもかかわらず、日本のブランドによる取得はゼロでした。 

今回、CONCIOが日本初のEWG認証ブランドとなったことで、世界のクリーンビューティー・エシカルコスメの基準が日本で広がるきっかけになることを心から願っています。

Back to blog
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3