商品情報にスキップ
1 4

Cleansing Oil 150mL

Cleansing Oil 150mL

2024年6月20日発売予定

通常価格 ¥4,950
通常価格 セール価格 ¥4,950
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
  • 送料無料
  • 定期購入で5%お得に
  • 定期購入はいつでも休止・スキップOK

安心のミニマルクリーン処方で肌も毛穴もすっきり

CONCIOは、化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクにとことん着目。

肌に刺激を感じやすい人にも使っていただきやすいよう、徹底的にミニマルで肌がよろこぶ処方を追求しました。

米国EWGの安全評価で最高基準のグリーン成分のみを配合

CONCIOのクレンジングオイルに使った成分は6つだけ。しかも、その6つはすべて米国の団体「EWG」による安全性評価が最も高いグリーン成分。

厳しい基準をクリアした成分だけを、緻密なバランスで配合しました。

*CONCIOが使わない成分はこちら
*EWG(Environmental Working Group)とは?
EWGはアメリカで化粧品の成分及び安全性を消費者に提示している環境団体。各分野の専門家による独自の検査基準を設け、各化粧品成分の安全性を10段階で評価しています。EWGの基準においてグリーン評価が最高とされています。

「何をしてもダメ」と諦めず、こんな人に使ってみてほしい

  • 毛穴、ざらつき、黒ずみが気になる
  • 化粧品で刺激や違和感を感じやすい
  • いつも敏感肌・乾燥肌に悩んでいる

2人に1人は悩んでいるというクレンジング。スキンケア後の肌を左右する大切なステップでもあるクレンジングの正解を、CONCIOが自信をもって提案します。

すべての人に刺激がおこらないわけではありません。

ダブル洗顔は必要なし

洗いすぎは保湿肌に禁物。Cleansing Oilでスッキリ落とした後、ダブル洗顔は不要です。

地球や生きものを思いやる

生きた動物を犠牲にする成分は使いません。また、生分解性に乏しい成分や排水後に水生生物に毒性がある可能性がある成分も使いません。もちろん、全ての製品で動物実験も行いません。


▶︎全成分(6の成分)  +

ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、セスキオレイン酸ポリグリセリル-2、ホホバ種子油、カプリン酸ポリグリセリル-2、トコフェロール


▶︎使用方法  +
  • 乾いた手に適量を取ります(ぬれた手で使うと主成分である植物油が変質し適切なクレンジング効果を得られません)
  • こすらないようやさしく顔全体になじませた後、ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。ダブル洗顔は不要です。
  • 朝の洗顔でもお使いいただけます。
  • 一般的なグルーを使用したマツエクには使用できます。マツエクをこすらないようにしながら、できるだけ手早く使用してください。なお、マツエクは時間の経過とともに自然に取れていくことを、ご理解ください
  • 使用量の目安:1回につき2プッシュ程度
▶︎ご使用上の注意   +
  • 肌に異常が生じていないかをよく注意して使用してください。
  • 化粧品が肌に合わないとき、または次のような場合には、使用を中止してください。そのまま使用を続けると症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等に相談してください。(1)使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等、肌に異常があらわれた場合(2)使用した肌に直接日光が当たって(1)のような異常が現れた場合
  • 傷やはれもの、湿しん等、肌に異常がある部位には、使用しないでください。
  • 目に入らないように注意してください。目に入った時にはすぐに洗い流し、異常のある場合は専門医等へ相談してください。


詳細を表示する

安心なだけじゃない
肌がよろこぶ3つのポイント

クレンジングはその後に続くスキンケアの土台作り。
だから、成分の安心感だけでなく、肌実感にもこだわりました。

とろけてなじんでメイクオフ

一般的なクレンジングオイルに配合されがちな水。

でも、CONCIOのCleansing Oilは水を一滴も入れない濃密オイル処方。

だから、とろけるようにメイクになじみ、不要なものだけをすっきり落とします。オイル特有のぬるぬる感もありません。

毛穴もキュっと洗い上がる

メイクや過剰な皮脂、毛穴の汚れを浮かせてキャッチ。毛穴や角栓の悩みに働きかけます。

メイクをしない日の洗顔や、プツプツやニキビが気になる人にもおすすめ。

落とす+保湿のダブル機能

植物オイルの中でも、とりわけ肌に優しいヒマワリ種子油とホホバオイルをふんだんに配合。

保湿ケアとしても人気のオイルの効果で、流した後にはもう肌が整っているような洗い上がり。

Cleansing Oilを開発した理由

成分のリスクにフォーカスする私たちのもとには、肌に悩む方から毎日のように問い合わせが届きます。

"毛穴やざらつき、テカリ、黒ずみ、乾燥、などの肌悩みが解消されない"

"クレンジングで肌が乾燥している気がする"

"自分の肌に合うクレンジングを見つけられない"

特に、クレンジングに悩む人の多さに驚きました。

だから、

肌が弱い人や乾燥肌の人でも使えて、健康な肌の土台作りができるクレンジングオイルを作ろうと開発に着手。

クレンジング難民の人たちの答えになるクレンジングを届けるのが自分たちの使命だと考えたからです。

2ステップケア前の土台を作る

Cleansing Oilは、CONCIOのオールインワン2ステップケアとの相性も抜群。

Step 1のセラム、
Step 2のミルククリームの効果を最大化する「Step 0」で、

今まで以上の安定肌へと
導きます。

「よさそうなもの」ではなく「いいもの」を。

人の肌と健康・地球によくない
と考えた2500成分を使わない
CONCIOのスキンケア。

イメージやキャッチコピー、
話題性ではなく、
肌へのやさしさを
妥協なく追求しています。

やみくもなスキンケアは、もう終わりにしませんか?

CONCIOは、
1万種類以上ある化粧品成分に
常に真剣に向き合います。

乾燥・ざらつき・ベタつき
毛穴・化粧ノリ。

イメージにまどわされない
正しい成分とスキンケアで、

ずっと続く肌の悩みからの
卒業をお手伝いします。

2500の不使用

CONCIOは人間の肌と健康、
未来の地球や他の生きものなど
すべての存在に
できる限り配慮をしています。

あなたの肌の美しさと引きかえに
他の何かが犠牲になることは
ありません。

CONCIOが使わない成分

折りたたみ可能なコンテンツ

1200種類以上のマイクロプラスチック

化粧品に配合されている多くの合成ポリマーは、生分解性がないか、生分解性がない可能性があるマイクロプラスチックです。
液体をジェル状にしたり、肌表面にフィルム膜を形成したり、化粧品の伸びを良くするなどの目的で、化粧品に配合されています。
でも、もちろん、マイクロプラスチック自体には美容効果はありません。
現在、日本を含むほとんどの国で水溶性のマイクロプラスチック(合成ポリマー)に対する規制はありません。
しかし、CONCIOでは、これらの成分が海や自然環境に優しい成分ではないと考え、欧州化学物質庁(ECHA)、国際連合環境計画(UNEP)、TAUWによるデータなどを調査の上、マイクロプラスチックである(または生分解性がない)可能性がある1200種類以上の成分を、すべての製品において配合していません。

シリコーン(シリコンオイル)

・メチコン
・ジメチコン
・アモジメチコン
・シクロメチコン
・フェニルトリメチコン
・トリシロキサン
・シクロペンタシロキサン
・ポリジメチルシロキサン
・シクロヘキサシロキサン
など、「メチコン」や「シロキサン」という名前の成分はシリコン(正しくはシリコーン/シリコンオイル)で、生分解性に乏しい成分です。
シリコンオイルを配合することで、化粧品の「伸びがいい」「軽いつけ心地」「サラッとする」「ベタつかない」などの使用感を作ることができます。
また、撥水性に優れているため、ウォータープルーフや汗による化粧崩れの目的でも多く配合されています。
化粧品の使用感が良くなるとはいえ、ある程度は代わりの成分でも実現できます。また、肌への密着度が高い分、洗浄力が高いもので洗い流す必要があり、肌への負担も大きくなる可能性があります。
これらのメリットとデメリットを十分に検討した結果、CONCIOではシリコン(シリコーン/シリコンオイル)をすべての製品で使用しないことにしています。

すべてのPEG

ポリエチレングリコールという合成ポリマーで、医薬品やワクチンにも使われてきました。
しかし、PEG配合の化粧品を日常的に使うことによる経皮感作の可能性が指摘され始めています。
また、生分解性についてはっきりとしたデータがなく、自然環境でどの程度分解されるのかがわかっていません。
多くの化粧品で、とろっとした使用感や、塗布中の伸び・すべりの良さを改善するため、また肌表面に膜を形成することによる保湿感の付与などを目的に配合されています。
これらのメリットとデメリットを検証し、CONCIOではPEGを含有する1000種類以上のすべての成分を配合しないことにしました。

すべてのPPG

ポリプロピレングリコール。
ヘアケア製品やスキンケア製品に使われています。
PEG(ポリエチレングリコール)と同じように、生分解性について明確に示すデータがありません。自然環境でどの程度分解されるのかがわかっておらず、生分解性には疑問が残ります。
多くの化粧品で、肌を柔らかく保つエモリエント剤や乳化剤、ゲル化剤などとして配合されています。
成分が与えるメリットとデメリットを検証し、CONCIOではPPGを含有する400種類以上のすべての成分を配合しないことにしました。

一部の植物エキス・植物水

植物にはとてもパワフルな力があります。
そのため、植物から抽出されたエキスや植物水には、肌や健康にプラスに働く種類がある一方、ネガティブな影響を与える可能性が示されている種類もあります。
例えば、イチョウ葉エキスやアロエベラ葉エキスには発がん性を示唆するデータがあり、チャ葉エキスはアレルギー性が高いことから、国際香粧品香料協会では香水への配合量について規定が設けられています。
コンフリー葉エキスは発がん性と生殖機能障害への影響、カンゾウ根エキスには内分泌かく乱作用があることが示されているなど、天然由来だからこそ気をつけるべき成分があります。
CONCIOでは、肌と健康への影響をできる限り避けるため、何らかの懸念があることを示すデータが存在する植物エキスおよび植物水は配合していません。

精油

精油は、いわゆる植物油ではありません。植物の芳香物質(香りの成分)だけを抽出し、凝縮した天然の香料です。オリーブオイルやごま油などの油脂とはまったく異なる性質の物質です。
精油が持つ香りの効果は大きく、自律神経やホルモンのバランスを整えたり、脳を活発にする種類もあります。
その一方、肌に直接つけた時の刺激が強くなりやすいのも精油の特徴です。
EUの消費者安全科学委員会は、皮膚接触アレルギーの可能性があるとして、175種類の香料および精油を挙げています。この175種類には下記のような精油も含まれています。
人におけるアレルゲンが確定している精油
- ビターオレンジ花/果皮油
- ベルガモット果実油
- ベルガモット果皮油
- スイートオレンジ油
- レモングラス油
- ジャスミン油
- ハマナス花油
- イランイラン油
- ニオイテンジクアオイ油
- カシア葉油
- ユーカリ葉油
- ゲッケイジュ葉油
- ムーゴマツ葉油
- パチョリ葉油
- ロサアルバ花油
- カニナバラ花油
- ラベンダー油
- チョウジ花/葉/茎油
- エンピツビャクシン木油
- セイヨウハッカ花/葉/茎油
- ペルーバルサム油
- ビャクダン油
人におけるアレルゲンの可能性がある精油
- ビターオレンジ果皮油
- ビターオレンジ葉油
- オオベニミカン果皮油
- コウスイガヤ油
- ヒマラヤスギ木油
- ヒロハラベンダー花油
- オニサルビア花/葉/茎油
- セージ油
- タチジャコウソウ(タイム)花/葉油
CONCIOでは、長期的な使用によるアレルギーの可能性と精油が与える肌と健康への影響の大きさを考慮し、すべての種類の精油を配合しないことにしています。

合成香料

天然香料と合成香料を合わせると、化粧品に使われる香料には2500〜3000種類あります。
合成香料には、肌刺激が強い種類もあります。また、アレルゲンとなる化学物質が使われていることもあり、それらが繰り返し肌に触れるとアレルギーを発症する可能性があります。
肌の赤み、発疹、腫れなどのアレルギー症状が一度でも生じると、その物質(成分)に対するアレルギー反応は一生続くと言われています。
顔以外で使用するハンドクリームやボディクリームでも同じことが言えます。
現在、EUでは26種類の芳香物質において配合規制があり、今後100種類以上に増やされる方針です。
これらのリスクと状況を鑑み、日本における香料の規制の有無にかかわらず、CONCIOではすべての合成香料を配合していません。

合成着色料

「黄色4」や「青1」のように「色+数字」の成分は、合成のタール色素の可能性があります。タール色素は国際がん研究機関にも認識されている発がん性物質です。

発がん性物質とされるベンゼン、トルエン、ナフタレン、アントラセンなどが含有される化学物質で複雑に構成されており、継続的に皮膚に塗布すると腫瘍が生じた事例もあります。
タール色素の中には、弱った皮膚から吸収される種類や粘膜に刺激が強い種類もあり、肌の調子が悪い時・粘膜に触れやすい目や口の周りへの使用時には特に注意が必要な成分です。
着色料を使わない場合、天然由来を多く含む化粧品では、使用する天然成分の色むらにより、製造ロットごとに中身の色が変わりやすくなります。
CONCIOでは、天然成分による色の違いをお客様にご理解いただければ、スキンケア製品での合成着色料は不要と考え、合成着色料の使用ではなく、お客様へのご理解を促すことを選択しました。

パラベン

少量の配合で高い防腐力を発揮する防腐剤です。下記のように複数の種類のパラベンがあります。
- メチルパラベン
- エチルパラベン
- プロピルパラベン
- ブチルパラベン
- イソプロピルパラベン
皮膚刺激を感じる人がいるほか、ホルモンに影響する内分泌かく乱物質であると言われており、乳がんとの強い関連が長年議論されています。
パラベンは皮膚から吸収され、血流にのって体内を移動します。これまでに母乳、血液、乳がんの腫瘍から検出されています。
パラベンによる健康への影響は不明瞭な点が多く、安全性について確証を得ることができません。そのため、CONCIOではすべての製品においてパラベンを配合していません。

フェノキシエタノール

防腐剤として配合される成分です。パラベンを嫌厭する人のために、代わりの防腐剤として配合されることが増えてきています。
安全性を考慮し、日本では1%未満の配合にする必要があります。
ピリピリとした肌への刺激を感じる人がいるほか、誤って赤ちゃんが口にして飲み込むと、嘔吐や下痢の症状を起こすことがあります。
現在入手できる情報やデータから配合するメリットとデメリットを検証し、CONCIOではすべての製品においてフェノキシエタノールを配合しないことに決めています。

すべての旧表示指定成分

使う人によっては稀にアレルギー等の皮膚トラブルを起こす可能性があるとして、化粧品に表示が義務付けられていた102種類の成分。
2001年の薬事法改正により、使用されているすべての成分を記載する制度に変わったことで撤廃されたため、旧表示指定成分と呼ばれるようになりました。
石油由来の合成成分、合成界面活性剤、タール系色素、パラベンなどの合成防腐剤も含まれています。
- セタノール
- セテアリルアルコール
- ラウレス硫酸Na
- ラウリル硫酸Na
- ベンジルアルコール
- トコフェロール
- デヒドロ酢酸(Na)
- ベンザルコニウムクロリド
- ベヘントリモニウムクロリド
- ジステアリルジモニウムクロリド
- トリクロカルバン
- トリクロサン
- DMDMヒダントイン
- ミリスチン酸イソプロピル
- ラノリン
- ラノリンアルコール
- PEGラノリン
- ラウロイルサルコシンNa
- DIPA、TIPA
- アルキル(C12-14)ジアミノエチルグリシンHCI
- アルキルベンゼンスルホン酸Na
- イクタモール
- ウンデシレン酸(MEA)
- エチルPABA
- カテコール
- グアイアズレン
- グアイアズレンスルホン酸Na
- クレゾール
- クロフルカルバン
- クロラミンT
- サリチル酸Na
- シノキサート など。
表示指定された1980年当時よりも化学的に進歩したため、現在は安全とされる成分もあると言われています。
しかし、お客様の心理的な安心と、より高い安全性を目指すCONCIOでは、102種類すべての旧表示指定成分を配合していません。

有機フッ素化合物(PFAS)およびPFAS含有の可能性がある成分

PFAS(ピーファス)は、がん・動脈硬化・ホルモン異常・免疫系の障害・発育障害など、健康への影響が懸念される有機フッ素化合物です。

熱に強く、水や油をはじき、自然環境では分解されることがないため、「永遠の化学物質(フォーエバー・ケミカル」と呼ばれています。

PFASには9000種類以上もあると言われており、PFASを含む可能性がある成分の名前をすべて調査することはほぼ不可能です。
- パーフルオロアルキル(C4-14)エトキシジメチコン
- パーフルオロオクチルチルトリエトキシラン
- トリフルオロアルキルジメチルトリメチルシロキケイ酸
のように名前に「フルオロ」と入っている成分はPFASを含有している可能性があるため、CONCIOではそれを判断基準し、成分名に「フルオロ」とある成分はすべての商品で配合しません。

DEA、TEA、MEA(エタノールアミン)

DEA(ジエタノールアミン)、TEA(トリエタノールアミン)、MEA(モノエタノールアミン)はエタノールアミン(アミノ酸とアルコールで構成される化学物質)です。

それ単体で配合されることもあれば、それらを含んだ化学物質成分が下記のような成分名で乳化剤、洗浄剤、気泡剤などの目的で化粧品に配合されていることもあります。

- コカミドDEA
- コカミドMEA
- セチルリン酸DEA
- オレス-10リン酸DEA
- ラウラミドDEA
- ラウリル硫酸TEA
特定の成分とエタノールアミンが混ざった場合、ニトロソアミンという物質が形成されることがあります。
ニトロソアミンとは国際がん研究機関が発がん性を認めている複数の物質の総称で、人間に対して発がん性があるニトロソアミンには15種類あると言われています。
配合するメリットとデメリットを十分に検討した結果、CONCIOではすべての商品においてエタノールアミンを含む成分を配合していません。

アルコール(エタノール)

アルコール(エタノール)は、成分を溶けやすくしたり、防腐の目的で化粧品に配合されます。
また、他の成分を肌に浸透しやすくするという性質があります。
この性質を利用して有効成分の浸透を促すことができますが、それ以外の成分も浸透しやすくなります。
お酒に弱い人や肌が弱っている時には、化粧品のアルコールにピリピリとした刺激反応が出ることがあります。
CONCIOでは可能な限り、肌への刺激を抑えるため、すべての商品でアルコール(エタノール)は配合していません。

鉱物油

鉱物油とは石油を原料に合成されたオイルです。
ミネラルオイル(流動パラフィン)とも呼ばれ、ワセリンやマイクロクリスタリンワックスも鉱物油です。化粧品では保湿剤として使われています。
特にワセリンは皮膚科薬とされるほど安全性が高いと言われている一方、鉱物油には発がん性のある多環芳香族炭化水素(PAH)などの不純物混入が懸念されています。
化粧品グレードまで高度に精製された場合、PAHがの混入はないと考えられていますが、調達のサステナビリティも考慮し、CONCIOでは鉱物油を使っていません。

硫酸・硫酸塩

旧表示指定成分のラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naも含む、硫酸系の成分すべてを指します。
化粧品では主に界面活性剤として配合されます。
硫酸塩の中でも、ラウリル硫酸Naは肌への負担がとりわけ大きい成分として知られています。
パッチテストを受けた1,600人の被験者のうち、42%で肌の赤みや乾燥、かゆみやヒリヒリ感などの刺激反応が確認された調査もあります。
少量の配合の場合には、特に問題がない可能性もありますが、現在入手可能なデータを精査した結果、CONCIOではすべての硫酸および硫酸塩を配合しないことにしています。

石油系合成界面活性剤

- ラウリル硫酸Na
- ラウリルスルホン酸Na
- キシレンスルホン酸Na
- ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸Na
- ポリオキシエチレンオクチルフェノールエーテル
- パレスー3硫酸Na
- パレスー硫酸アンモニウム
- トリエタノールアミン
- エデト酸塩
などは、一般的に石油系合成界面活性剤と言われます。
アルコール系合成界面活性剤も石油系合成界面活性剤とされることもあります。
石油系合成界面活性剤は、天然由来の界面活性剤に比べて洗浄力や脱脂力が強く、肌への負担が大きいとされています。
肌本来の力を引き出す処方を目指すCONCIOでは、すべての石油系合成界面活性剤を使用しません。

健やかな肌と健康・地球環境保護のためにCONCIO独自の基準で不必要と判断したその他すべての成分

CONCIOは、2500種類以上の使わない成分をすべて公開しています。全リストはこちらでご覧いただけます。
成分や配合していない理由について詳細を知りたい場合には、お気軽にお問い合わせください。

地球にやさしくお届けするために

プラスチック容器には、
サトウキビが原料のバイオマスプラスチックを可能な限り採用。

バイオマスプラスチックの中でも軽量な容器を使うことで、燃焼時と配送時のCO2削減に貢献します。

また、容器の印刷にはできるだけバイオマスインクを使用しています。

明細書は同梱しません。

リーフレットなどの同梱物・包装は
最低限にさせていたきます。

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

SHOPPING GUIDE

お届け日について

・ご注文手続き完了後、2-5日以内に商品をお届けいたします。*離島を除く
・商品の在庫状況、交通事情や物流繁忙期等の事情により、商品のお届けが遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。
・海外発送には対応しておりません。
・定期購入でご購入の場合、2回目以降のお届け日は、初回発送から60日後、それ以降も60日ごとにお届けします。(マイページから配送日の変更・スキップも可能です)

定期購入について

・定期購入は、次回以降も自動的にお届けさせていただく、ご購入プランです。
・ご解約のご連絡・お手続きがない限り、2回目以降も自動的に発送されます。
・マイページを作成いただくと、次回お届け日をご確認いただけます。次の決済日の前日にメールが送信されますので、次回発送予定の確認をお願いいたします。
・次回お届け内容に関する各種ご変更は次回発送予定日の2日前までとさせていたきます。発送準備の都合上、直前の変更は対応できかねますこと、誠に恐れ入りますがご理解いただけますと幸いです。
・マイページでは、次回配送予定日を確認できるほか、スキップや配送日変更・キャンセルも可能です。
・商品のお届けサイクルはご変更いただけませんので、ご了承ください。

定期購入の解約について

・定期購入の解約と再開についてはマイページからご自身でお手続きいただけます。次回発送予定日の2日前までにお手続きをお願いいたします。
・その他に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームLINEからご連絡ください。

返品・交換について

・商品が破損しているなど、商品に不備がある場合には、開封・未開封に関わらず、原則として良品と交換いたします。
・商品に不備がある場合には、商品到着後7日以内にお問い合わせフォームLINEからご連絡ください。詳しいお手続きについてご案内させていただきます。
・お客様都合による返品・交換・キャンセルは一切お受けすることができません。
・万一、破損、汚損あるいはお申込みの商品がお手元に届いたといった場合には、送料は弊社負担で交換または返品をお受けいたします。

お支払い方法について

⚪︎クレジットカード
・支払い手数料は無料となります。
・ご注文時に決済ページでお支払いください。原則として1回払いのみとなります。
・定期購入の場合はお届けの数日前に決済されます。
・長期不在等で商品が返送された場合でも、カード会社の請求締めを迎えている場合、一旦請求が発生することがあります。

送料について

・通常購入および定期購入に関わらず、ご注文総額が4500円(税込)未満の場合、送料650円(税込・全国一律)を別途申し受けます。
・4500円(税込)以上のご注文は全国一律で送料無料です。

購入後のメールについて

・購入完了後すぐ、当店より受注確認メールが自動で送信されます。
・メールが届かない場合、迷惑メールフォルダまたはメール受信の設定をご確認ください。
・迷惑メール防止フィルタ(ドメイン設定)をご利用の場合お客様にメールが届きません。まずは迷惑メール防止フィルタ(ドメイン設定)の確認をお願いいたします。
・迷惑メール防止フィルタをご利用の場合はお手数ですが、下記いずれかのフィルタ解除をお願いいたします。
ドメイン:@concio.jp
メールアドレス:info@concio.jp

その他

・CONCIOでのお買い物でご不明な点やご不安な点がありましたら、下記からお気軽にお問い合わせください。

▶︎ お問い合わせページ
LINE

<商品の転売について>
・弊社は商品の転売を禁止しています。
・弊社が直接販売している場合を除き、Amazon、楽天、ヤフーショッピング、メルカリ、ラクマ、その他オークションサイト、業者や個人のサイト等での販売は、全て転売商品となります。
・転売商品においては、使用期限・品質の変化・商品管理等において、弊社では把握できませんので、一切責任を持つことができません。上記の理由からアフターサービスについても一切応じることはできかねませんので、ご注意ください。
・その他ご利用規約に関しては、こちらからご確認ください。