ナチュラルな食器用洗剤の正しい選び方

ナチュラルな食器用洗剤の正しい選び方

食器用洗剤で肌が荒れる

毎日の洗い物で手肌が荒れる。カサカサになる。ひび割れ・アカギレがひどい。
そんな手荒れの悩みを持っている人がたくさんいます。でも、どうして食器を洗うと手が荒れるのでしょうか?

その理由は、食器用洗剤に入っている合成の界面活性剤。食器についた油汚れなどは、水だけでは落ちません。そのため、油と水をなじませて落とす洗浄成分として界面活性剤が使われています。

食器用洗剤はフライパンやお皿にこびりついた油汚れをしっかり落とさないといけません。そのため、界面活性剤が高濃度で配合されています。

しかし、洗浄力が高い界面活性剤が使われると、手肌のうるおい(油分や皮脂)も、食器の油汚れを一緒にごっそり洗い流されます。そうすると手が乾燥し、手指が荒れてしまうのです。

食器用洗剤で手が荒れる理由

食器用洗剤は3種類ある

洗剤で使われる界面活性剤には、様々な種類があります。その種類と配合量によって、食器用洗剤は3つに分類されます。

台所用合成洗剤

使用されている界面活性剤のうち、40%以上が純石けん以外の界面活性剤。
ほとんどの場合、下記のような合成の界面活性剤が使われています。

  • アルキル硫酸エステルナトリウム
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  • アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
  • ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル
  • アルキルトリメチルアンモニウム塩

台所用石けん

合成の界面活性剤は使用されていない。
純石けんだけが界面活性剤として使われている。

台所用複合石けん

純石けん以外の界面活性剤が使われている。
純石けん以外のの界面活性剤は40%未満。

オーガニック認証の洗剤はナチュラル?

一つ、ここで注意したいことが。それは、うたい文句に「ナチュラル」「オーガニック」と書いていても、その食器用洗剤がナチュラルか合成かは判断できないということ。つまり、「一見ナチュラルっぽくても、実は合成界面活性剤が使われた合成洗剤」ということが、よくあるのです。

オーガニック認証でも合成洗剤のことがある

理由は、「天然由来の界面活性剤」の中には、化学的な加工がされた合成成分があるから。由来は自然のもの。でも、合成されているので、そういった界面活性剤が使われているものは「合成洗剤」になるんですね。

「でも、この洗剤にはオーガニック認証マークがついているから大丈夫!」
そう思っている人もいるかもしれません。実は、オーガニック認証マークがついているものでも同じ。後ろの表示を見ると、実は合成洗剤だったなんてこともあるのです。

ナチュラルな洗剤を選ぶには

では、手肌への負担が大きい合成洗剤を避けたい場合、どうやって洗剤を選べばいいのでしょうか?

答えは簡単。洗剤を手に取り、下の2ステップで確認するだけです。

  1. 洗剤の後ろの表示を見る
  2. 「品名」に「台所用石けん」と書かれているかをチェック

品名に「台所用合成洗剤」と書かれていれば、その洗剤には合成の界面活性剤が使用されています。パッケージに「ナチュラル」や「オーガニック」と書かれていても、裏面ではごまかせないのです。

できるだけナチュラルなものを選びたい人は、「台所用石けん」と書かれたものを選ぶのがいいでしょう。

 

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 3