強い肌バリアが美肌のカギ

肌バリアを守るために重要なこと

肌バリアとは何か

皮膚は人体最大の臓器とも呼ばれます。なんとその広さは、一畳分もあるそう。体全体を覆い、外部からの刺激や攻撃から私たちの健康を守ってくれているのです。

皮膚は何層にも重なっています。そして、それぞれの層に重要な役割があります。

角質層と呼ばれる一番外側の層は、角質細胞と呼ばれる丈夫な皮膚細胞で構成されています。そして、脂質によってレンガの壁のように結合しています。
これが、肌バリアです。

 毎週日曜日、人気ブランドのコスメの気になる成分をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

肌バリアのはたらき

角質細胞の中にはケラチンと天然の保湿剤が存在しています。また、脂質層にはコレステロール、脂肪酸、セラミドが存在しています。

角質層の厚さは約0.02mmで、食品ラップほど。とても薄い膜です。
しかし、その膜がなければ、さまざまな有害な物質や菌が皮膚から侵入し、身体的な悪影響を及ぼす可能性があるのです。

また、肌バリアには体内の水分を逃げないようにする働きも。このバリアがなければ、水分が逃げて蒸発し、人間は脱水状態になってしまうのです。

つまり、肌バリアのおかげで、私たちは健やかに生きていて、身体が正常に機能しているとも言えます。この肌バリアを健康に保つことは美肌だけでなく、健康の鍵も握るのです。

肌バリアは外的な脅威から守ってくれる

ダメージを与えるもの

肌バリアに影響を与えるものには、次のとおり外的要因と内的要因があります。
  • 高すぎる湿度
  • 乾燥している環境
  • アレルゲン
  • 刺激物質
  • 汚染物質
  • 紫外線
  • アルカリ性の洗剤や石鹸
  • 過度の角質ケアや洗いすぎ
  • ステロイド
  • ストレス
  • アトピー性皮膚炎や乾癬などの皮膚疾患になりやすい遺伝的要因

肌バリアが弱くなるとどうなるか

肌のバリアが正常に機能していない場合、下記のような肌の状態になりやすくなります。

  • 乾燥肌
  • かゆみ
  • 肌荒れや肌のくすみ
  • にきび
  • 敏感肌
  • 皮膚の炎症
  • 細菌性、ウイルス性、真菌性の皮膚感染症

肌バリアを守り、修復する方法

1. スキンケアをシンプルにする

毎日、何種類もの製品を使うようなスキンケアをしていませんか?
実は、過剰なスキンケア、与えすぎのスキンケアは肌のバリア機能を弱める可能性が。足りないものを補うことを意識した、シンプルなスキンケアを心がけてみましょう。

2. スクラブ・角質除去には注意

角質除去をする場合は、肌の反応に注意すること。スクラブ、ピーリング、毛穴パックなどで、一時的にバリアを傷つけてしまうことがあります。

3. pH値に気をつける

肌のpH値は4.7。いわゆる弱酸性です。しかし、スキンケア製品のpH値には幅があり、3.7から8.2まであると言われています。
肌のpH値に近い製品を使うことで、肌トラブルを防ぐことができます。

4. 肌バリアを補う植物オイルを取り入れる

特定の植物オイルが肌バリアを修復し、水分不足を防ぐことを示した調査があります。スキンケアに取り入れるなら、ホホバオイル、アーモンドオイル、アルガンオイル、ひまわり油、大豆油など肌の水分保持効果が高いのでおすすめ。

これらのオイルが配合された乳液やクリームのほか、100%オイルを直接肌に塗ってもOK。やさしくマッサージするようになじませましょう。

5. セラミド配合のスキンケアを使う

セラミドは角質層に特に多く含まれるワックス状の脂質。肌のバリア機能を正常に保つために欠かせない成分です。

合成のセラミドが配合されたスキンケア製品が、バリア機能の低下によって引き起こされる乾燥、かゆみ、かさつきを改善する可能性があることを示した報告も。

また、ニキビ肌はバリア機能が低下していることが多いため、セラミド配合の保湿剤は、ニキビにも有効と言われています。

6. ヒアルロン酸、ワセリン、グリセリンを含む保湿剤を試す

肌バリアには水分が必須。保湿剤を塗って肌の水分不足を補うことで、肌のバリア機能が強化されます。
おすすめは、ヒアルロン酸、ワセリンやグリセリンが配合された保湿剤。これらの成分は、肌に薄い膜を残すため、水分が失われることを予防するとされています

ただ、すべてのスキンケア成分が誰にでも合うわけではありません。
肌を健康に保ち、守り、十分に保湿するために、自分に合った製品を見極めましょう。

LINEでしか言えない情報を配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU 

9つの保湿成分配合のスキンケア「CONCIO」

国内外のエビデンスを徹底的に調査するCONCIO Academy。活動をとおして、こうだったらいいのになと感じてきたことをCONCIOというブランドで実現しました。

  • 1200以上の合成ポリマーとシリコーン成分を使わない
  • アレルギーや肌刺激リスクが高い成分を使わない
  • ホルモンかく乱や発がん性の懸念がある成分を使わない

など、合計2500以上の成分を使わないオールインワンスキンケアです。

オリーブ由来のスクワランホホバオイルなど、9種類の厳選した保湿剤を配合。
余計なものを入れず、天然活性成分を高濃度で抽出した酵母エキスやヒアルロン酸Na(非動物由来)など、本当に肌に必要なものだけを厳選。
もちろん敏感肌の方にもお使いいただけます。

*すべての人に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

https://concio.jp/

CONCIOの商品 

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3