プロパンジオールの肌刺激性

化粧品成分:プロパンジオールは肌が弱くても使える?

プロパンジオールとは

プロパンジオールは化粧水や乳液、クレンジングなどのスキンケア製品でよく使われる成分。とうもろこしの糖が由来です。
保湿剤や肌を柔らかくするエモリエント剤として配合されています。また、他の成分を溶かす役割も。

PGに似ている?

プロパンジオールが登場する前に、多くの化粧品で使われていたPG(プロピレングリコール)という成分があります。

PGは、一般的に安全な成分だとされていました。しかし、接触性皮膚炎の原因となる事例が頻発。また、一部の人にはアレルゲンとなる可能性も指摘されました。つまり、PGが原因で肌が赤くなったりかゆくなる可能性が比較的高めだったのです。

特に、すでになんらかの皮膚疾患がある人においては、その可能性がより高くなるとされています。

そんなPGに代わって登場したのがプロパンジオールです。両者はよく似た物質。でも、分子構造は異なります。つまり、化粧品を使用した時の影響は異なるということ。

PGには皮膚や目への刺激や感作性の報告が複数ある一方、プロパンジオールでは有害性が低いとされているのは、そのためです。

プロパンジオールはPGよりも肌刺激は低い

 毎週日曜日、人気ブランドのコスメの気になる成分をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

プロパンジオールが好まれる理由

200人を対象にした調査ではプロパンジオールのほうが低刺激で皮膚感作性も低いことが示されました。同時に、肌トラブルになる可能性がある人の割合が非常に低いことも示唆されています。

当然、低い確率であってもプロパンジオールで肌刺激を感じたり、アレルギーを起こす可能性はゼロではありません。しかし、一般的にはプロパンジオールはPGよりも安全だと考えられています。


また、PGは石油由来なのに対して、プロパンジオールは植物由来。そのため、ヴィーガンコスメに配合されることも増えています。

プロパンジオールの働き

多くの化粧品で配合されるプロパンジオール。その理由は、次のような複数の働きを期待できるからです。

成分を溶かす

例えば、サリチル酸やフェルラ酸のような溶けにくい成分を溶かす優れた溶媒となります。

粘度を下げる

粘度を下げる必要がある下記のようなさまざまな化粧品で使用されます。

  • シャンプーやコンディショナー
  • ファンデーション
  • マスカラ
  • ボディソープ
  • ヘアスプレー
  • 洗顔料
  • 化粧水や乳液

保湿性を高める

保湿効果のあるヘア・コンディショナーやスキンケア製品に配合することで、皮膚に水分を引き込み、保水力を高める効果が期待できます。

水分が失われるのを防ぐ

すぐれたエモリエント効果で水分が減るのを防ぎ、肌を柔らかくなめらかにする働きがあります。

使用感を軽くする

軽いテクスチャとベタつかない使用感を実現できます。また、化粧品の安定性を維持するのにも役立ちます。

妊娠中でも大丈夫?

今のところ、妊婦に対する影響を詳細に調査した研究はありません。しかし、動物に高容量のプロパンジオールを投与しても、赤ちゃんには先天性異常や流産などは起こらなかったことが報告されています。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 3