ヒアルロン酸Naとヒアルロン酸の違い

ヒアルロン酸Naとヒアルロン酸は違うの?

ヒアルロン酸Naとは

ヒアルロン酸は人間の細胞と細胞の間に多く存在します。水分をキープしたりクッションのような役割で細胞を守っています。

関節や軟骨、眼球のほか、もちろん皮膚にも存在しています。真皮に多く含まれていて、肌のうるおいには欠かせません。優れた保水機能があるため、多くの化粧品でも配合されています。

ちなみに、化粧品に配合される場合、ヒアルロン酸には由来が異なる2種類があります。一つは、動物から採取された動物由来。もう一つが、微生物などを発酵させて作られた非動物由来のもの。

自分のライフスタイルに合ったものを選べるように、ヴィーガンの人やエシカルな選択をしたい人は覚えておきたいですね。

そして、このヒアルロン酸から抽出された成分が、ヒアルロン酸Naです。

 毎週日曜日、人気ブランドのコスメの気になる成分をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

ヒアルロン酸との違い

ヒアルロン酸Naには、ヒアルロン酸と同じく肌を若々しくしなやかにする効果が期待されます。でも、厳密には異なる2つの成分。ヒアルロン酸と比べて、ヒアルロン酸Naはどう違うのでしょうか?

この2つの成分の決定的な違いは、その分子量。ヒアルロン酸は分子量が高い高分子。つまりサイズが大きいため、皮膚表面をコーティングして水分が失われることを防ぎます。

一方、ヒアルロン酸Naは、ヒアルロン酸よりも分子量が低め。サイズが小さく、表皮(皮膚の一番上の層)まで浸透することができます。つまり、皮膚の内側から水分を与えることができるのです。

ヒアルロン酸Naによる効果

スキンケアにおけるヒアルロン酸Naの働き

ヒアルロン酸Naを肌に塗ることで、次のような働きが期待できます。

肌の保湿

ヒアルロン酸Naは親水性。つまり、肌に塗ると皮膚細胞の水分を引き寄せます。そうして肌の保湿力を高めることで、乾燥やかさつきを和らげてくれます。2019年の報告では、ヒアルロン酸よりもヒアルロン酸Naのほうが高い保湿効果を発揮することが示されています。

シワへのうるおい効果

肌が乾燥すると小じわが目立ってしまいます。そんな時は、ヒアルロン酸Naで肌にうるおいを。そうすることで、見た目の印象が変わる可能性があります。

2014年の研究ではヒアルロン酸Naを配合した化粧品で、しわの深さと弾力性が改善されたことが報告されています。

皮膚の炎症を抑える

ヒアルロン酸Naには、肌の炎症を和らげる効果も。

2013年の研究では、ヒアルロン酸Naが0.2%配合されたクリームで、酒さの症状が軽減されたことが示されました。酒さは、赤み、ほてり、発疹を引き起こす炎症性皮膚疾患。

この研究では、低分子のヒアルロン酸が組織の治癒を促進するβ-ディフェンシン2という化合物の産生を促進。さらに、炎症細胞の活動も制御することが示唆されています。

ヒアルロン酸Naの安全性は?

一般的にヒアルロン酸Naは安全と考えられています。肌に塗布した場合、副作用などが生じることはほとんどありません。また、妊娠中や授乳中の使用も問題ないとされています。

ただ、どんな成分でも過敏に反応する人がいる可能性はゼロではありません。ヒアルロン酸Naで肌がかぶれたり赤くなったりした場合は、すぐに使用を中止するようにしましょう。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3