化粧品に入っているカプリリルグリコールについて

実はよく入っている化粧品成分:カプリリルグリコール

カプリリルグリコールとは?

食品の添加物と同じように、化粧品の添加物を気にすることは、とても大切。
できるだけ安全なものを選びたい。そう思って化粧品を選ぶときに全成分表を見ている人もいるかもしれません。

全成分表を見ると、多くの化粧品で同じ成分が入っていることに気づくことがあります。決して話題の有効成分ではないのに、どうしてでしょう?

この記事では、そんな成分の一つであるカプリリルグリコールについて解説します。

 毎週日曜日、人気ブランドのコスメの気になる成分をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

カプリリルグリコールとは

カプリリルグリコールは、カプリル酸に由来するアルコール。由来になっているカプリル酸は、バターやパーム油、ココナッツ油に含まれる脂肪酸です。

アルコールと言っても、エタノールなどの肌刺激や乾燥の原因になるアルコールではありません。ほとんどの肌で安全に使える低刺激な成分で、保湿剤として化粧品に配合されています。

カプリリルグリコールの役割

肌にうるおいを与える

カプリリルグリコールの主な配合目的は保湿。水分を引き寄せて肌にキープ。肌表面から水分が蒸発しないようにしてくれます。
水分が保たれるので、ふっくらとしたツヤのある肌になるのです。

また、エモリエント剤(皮膚軟化剤)としての効果も。肌を柔らかくしなやかにしながら、皮膚バリアをサポートします。

その他にも、ヘアコンディショナーの保湿成分として使われることがあります。

カプリリルグリコールは保湿剤

防腐効果

カプリリルグリコールには、防腐効果もあります。パラベンなどのような強い効果はありませんが、バクテリアの繁殖を防いでくれます。

使用感の向上

スキンケア製品の伸びをよくしたり、浸透しやすくする効果も。化粧水やクリームに心地よいテクスチャを与えます。

カプリリルグリコールが入っている製品

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • フェイスマスク
  • 洗顔料
  • ファンデーション
  • 口紅
  • 日焼け止め
  • シャンプー
  • コンディショナー

うるおいを与えることを目的とした化粧品への配合が多いですね。

カプリリルグリコールの安全性

非常に高濃度で配合された場合は、肌への刺激や炎症を起こす可能性はゼロではありません。
しかし、アメリカのCosmetic Ingredient Reviewによる評価では、化粧品に配合される程度の低濃度であれば、ほとんどの人にとって安全であるとされています。

ただ同時に、カプリリルグリコールが特定の成分の浸透性を高める可能性があることが指摘されています。
そのため、皮膚への浸透を目的として設計されていない成分が配合されている場合には、処方の安全性が担保されない可能性があります。

一般的には、妊娠中や授乳中でも問題なく使える成分とされています。しかし、成分の組み合わせ次第ということ。
カプリリルグリコール配合の化粧品を選ぶ際には、各メーカーの安全性に対する方針をしっかり確認する必要がありそうです。

LINEでしか言えない情報を配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU

不要だと考える2500の成分を使わないスキンケア「CONCIO(コンシオ)」

国内外のエビデンスを徹底的に調査するCONCIO Academy。活動をとおして、こうだったらいいのになと感じてきたことをCONCIO(コンシオ)というブランドで実現しました。

  • 1200以上の合成ポリマーとシリコーン成分を使わない
  • アレルギーや肌刺激のリスクが高い成分を使わない
  • ホルモンかく乱や発がん性の懸念がある成分を使わない

など、合計2500以上の成分を使わないオールインワンスキンケアです。もちろん敏感肌の方にもお使いいただけます。
*すべての人に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

https://concio.jp/

CONCIOの商品

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3