ポリアクリルアミドに発がん性物質

ポリアクリルアミド:発がん性リスクがある化粧品成分

ポリアクリルアミドに隠されたリスク

ポリアクリルアミドは、化粧水や乳液、クリームなどの安定剤や増粘剤として配合されます。アクリルアミドという物質が繰り返し結合した成分です。

ところが、このアクリルアミドには発がん性の心配が。また、発がん性以外にも乳腺腫瘍との関連も指摘されています。

さまざまな懸念から、EUでは化粧品に残留するアクリルアミドの量に厳しい制限を設けています。
しかし、日本では何も制限はありません。

 毎週日曜日、人気ブランドのコスメの気になる成分をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

ポリアクリルアミドとは?

そんな怖いアクリルアミドで作られたポリアクリルアミド。実は、当たり前のように化粧品に使われています。

化粧品の安定性や成分同士を結合する目的で配合されたり、泡立ちをよくしたり。静電気を防ぐ性質もあるので、ヘアケア製品に使われることもあります。

しかし、ポリアクリルアミドにはアクリルアミドが少し含まれています

それなのに、増粘剤や潤滑剤として化粧品での使用量が1989年から2002年の間に倍増。その後も増加しています。

また、化粧品以外でも、合成染料やコンタクトレンズなどにポリアクリルアミドは使用されています。

ポリアクリルアミドによる健康へのリスク

最初に書いたとおり、発がん性が疑われているアクリルアミド。それが繰り返し結合した分子からできているのが、ポリアクリルアミドです。
わずかであっても、最終的な製品の中に残る可能性があります。そして、そうした微量のアクリルアミドによる健康への影響が心配されています。

タバコよりも有害?

アクリルアミドはタバコにも含まれる発がん性物質です。
しかし、化粧品を使うことでアクリルアミドに接触する1日の量は、タバコを1日1箱吸った場合の量を上回る可能性があるといいます。

タバコより有害な可能性があるポリアクリルアミド


タバコを1箱を吸った場合の暴露量は体重1kgあたり0.67μg。それに対し、化粧品の使用では0.95μgだそう。

また、アクリルアミドは食品や焦げた食べ物にも存在します。しかし、化粧品に残っているアクリルアミドの量はそうした食品に含まれる濃度も上回るという調査があります。

皮膚から吸収されるアクリルアミド

化粧品の中のアクリルアミドは、早い速度で皮膚から吸収されることも示唆されています。

アクリルアミドへの暴露量の1日の基準は、体重1kgあたり0.83-1.7μg/kg。
ですが先述のとおり、化粧品の使用では0.95μgにもおよびます。

ポリアクリルアミドが配合された化粧品を複数使っていたら。
安全とされる基準値を超えてしまう可能性があることになります。

がんとの関連性も

米国国家毒性プログラムは、アクリルアミドが発がん性物質である可能性を指定しています。動物実験では、甲状腺、精巣、乳腺、子宮、下垂体、口腔のがんに関連していることが示されました。

人間を対象とした研究では、職場でアクリルアミドに暴露された男性の膵臓がんとの関連が認められています。

神経毒性のリスクも

米国国家毒性プログラムは、出生前にアクリルアミドに暴露されることで子供の行動に影響を及ぼす可能性を指摘。アクリルアミドの神経毒性を示唆しています。

また、胎児の体重減少などのリスクを示す調査もあります。

アクリルアミド残留の可能性がある成分

次のような成分にはアクリルアミド残留の可能性があります。

見慣れないカタカナの成分名で、覚えにくいかもしれません。でも、さまざまな心配がある成分。
肌をきれいにしたいと思って使う化粧品で思わぬリスクを抱えることがないよう、しっかり覚えておきたいですね。

LINEでしか言えない情報を配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU

ポリアクリルアミドなどリスク成分を使わないスキンケア「CONCIO(コンシオ)」

  • 1200以上ある合成ポリマーとシリコーン成分を使わない
  • アレルギーや肌刺激のリスクが高い成分を使わない
  • ホルモンかく乱や発がん性の懸念がある成分を使わない

など、合計2500以上の成分を使わないオールインワンスキンケアです。もちろんアクリルアミドを含む可能性がある成分は使っていません。
また、使わない成分と同じぐらい厳しい基準で選んだ9つの保湿成分を配合。肌にしっかりとうるおいを与え、肌バリアをサポートします。

*すべての人に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

https://concio.jp/

CONCIOの商品

 

 

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 3