化粧品のポリアクリル酸Naは肌に悪い?

化粧品のポリアクリル酸Naは肌に悪い?

オムツにも使われるポリアクリル酸Na

化粧品の裏を見ると「ポリアクリル酸Na」という成分が書かれていることがあります。

これは水をとてもよく吸収する合成ポリマー。「高吸水性ポリマー」とも呼ばれ、赤ちゃんのオムツや生理用ナプキンにも使われています。

ポリマー自体の重さの200倍〜1000倍もの水を吸い、水をジェル状にすることができます。その特徴によって「もれない」赤ちゃんのオムツが実現されているんですね。

ポリアクリル酸Naはオムツの吸水ポリマー

全成分に「ポリアクリル酸Na」と書かれているということは、それと同じものが化粧品にも使われているということ。
でも、どうしてオムツと同じ成分が化粧品に入っているのでしょうか?

赤ちゃんがいる人にはこちらの記事も↓
安全なおしりふきの選び方:不要な化学物質を避けたい人へ

ポリアクリル酸Naが化粧品に使われる理由

ポリアクリル酸Naはスキンケア製品によく配合されています。理由は、ポリアクリル酸Naには下記のような働きがあるから。

増粘剤

化粧水や乳液、クリームのテクスチャをよりなめらかにします。高級感のあるリッチな手触りやとろみのある使用感を作ることもできます。

安定剤

化粧品の理想的な硬さやテクスチャをキープして分離や沈殿を防ぎます。また、保存性を高めることもできます。

伸びをよくする

ポリアクリル酸Naを配合すると化粧品の肌への伸びがよくなります。まだらにならず肌に塗ることができ、使用感も向上します。

フィルム形成

肌の上に人工的な薄い膜を作り、保護バリアをサポートする目的で配合されることもあります。

また、ポリアクリル酸Naの価格は天然のポリマーよりも安価。つまり上記のように機能性が高い上に価格も安いため、メーカーに重宝されやすい成分ということなんです。

肌に悪い影響はない?

ポリアクリル酸は肌に悪い?

ポリアクリル酸Naの肌への使用は一般的には安全とされています。アレルギー反応を示す人もごくまれ。ですから、多くの人は安全に使えるでしょう。

ただ、ポリアクリル酸Naに美容効果はありません。つまり、「肌に悪くはないけれど肌にいい成分でもない」といった成分なんですね。

肌に悪くないとはいえ、米国EWGの評価を見てみると一つだけ気になることがあります。

それは、アクリル酸という物質が成分に残留している可能性。アクリル酸は化粧品にも使われる化学物質ですが、繰り返し肌に塗布した場合、急性毒性のリスクがあることが指摘されています。

当然、化粧品に含まれる量はごく微量。そのため、心配する必要はないかもしれません。しかし、ポリアクリル酸Naをはじめ、アクリル酸を含むかもしれない成分が複数入った化粧品を毎日使っていたらどうなるのでしょう?

気になるところですが、複数の化粧品を毎日長期的に使用した場合の安全性データは不足していて、わからないのが現状です。

ポリアクリル酸Na以外の合成ポリマー

化粧品にはさまざまな合成ポリマーが使われています。

増粘剤やゲル化剤として使われるPEGカルボマー。髪を固めたり、シワにハリを作るPVPやVAコポリマー。髪の手触りやまとまりをよくするため、ヘアケア製品に配合されるポリクオタニウムという成分もあります。

個々の合成ポリマーを単体で見ると、肌に悪い影響はないというのが一般的。
ですが、私たちの肌は毎日大量の合成ポリマーに触れています。

ポリアクリル酸Naにアクリル酸が含まれるように、他の合成ポリマーにもそれぞれ見えないリスクがあることも。

毎日使うものだからこそ、より安心な化粧品を選べているか改めて見直してみるのもいいかもしれませんね。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 3