BGが多くの化粧品に入っている理由と安全性

BGが多くの化粧品に入っている理由と安全性

BGとは

化粧品の全成分表にはBGと記載されている成分。正式な名称は「ブチレングリコール」または「1,3-ブチレングリコール」といいます。トウモロコシやサトウキビ、または石油を蒸留して得られる有機アルコール。無色で粘性のある水溶性の液体です。

一般的に皮膚への刺激が少ない安全な成分として知られ、多くのスキンケア製品に使われています。近年は、肌への刺激が強めのPG(プロピレングリコール)の代わりに使われる例が増えています。

BGが化粧品で使われる理由

化粧水や乳液、クレンジング、シートマスク。BGが使われるのは、基礎化粧品だけではありません。メイクアップやヘアケア製品でもよく配合されています。

多くの化粧品で使われる理由は、BGが複数の役割を担ってくれる成分だから。例えば、BGには下記のような働きがあります。

肌を保湿する

BGには肌の水分を引き寄せ、肌をしっとりと保湿する働きがあります。

皮膚を柔らかくする

BGにはエモリエント作用も。肌の表面をコーティングし、水分を失わないようバリアを形成。表面に水分が保たれることで、肌が柔らかくなります。

他の成分を溶かす

他の成分を溶かして安定させます。そのため、植物エキスを抽出する際の抽出剤としても使われます。

安定性を与える

有効成分や揮発性化合物の効果や香りが失われることを防ぎます。また、製品の結晶化や乾燥も防ぎます。

防腐効果

BGには抗菌作用があります。そのため化粧品の防腐効果を高めることができます。また、微生物による腐敗を防ぐ働きも。

化粧品のテクスチャーをよくする

化粧品の粘度を下げて、なめらかな使用感を維持します。そうして顔や体に塗りやすい化粧品にすることができるのです。

BGはさまざまな化粧品に配合されて多くの役割を担っています。

 多くの人にとって安全とされているBG

BGは多くの機関で安全と評価されています。肌への刺激性も低く、アレルギー反応が起こることもごく稀。そのため敏感肌用の製品や医薬品の外用薬でもよく使われています。

しかし、誰しもが、ほぼすべての化粧品成分においてアレルギー反応を起こす可能性はあります。そしてそれはBGでも同じ。アレルギーが生じる可能性は完全にゼロではありません。

BGのアレルギー事例は、日本皮膚科学会が2014年に報告しています。ここでは28歳の女性が化粧品に配合されたBGにアレルギー反応を起こしたケースが示されています。しかし同時に、BGに対するアレルギー発症は一般的ではないとも明記されています。

BGとPGは似ている?

BGは別の化粧品成分であるPG(プロピレングリコール)に似ていると言われることがあります。確かに分子構造は似ていて、保湿効果や防腐効果が期待される点は同じ。

ですが、化粧品への配合目的や安全性の観点では少し異なります。
PGは肌への浸透性やアレルギー性がしばしば懸念点として挙げられます。リスク評価については賛否両論がありますが、肌に対するより安全な選択肢としてBGが選ばれることが増えているようです。

自分の肌タイプや状態に合わせて、よりやさしい選択をしたいですね。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3