化粧品に残留する1,4-ジオキサンは発がん性物質

1,4-ジオキサン:化粧品に入っているかもしれない発がん性物質

全成分表示には記載されない1,4-ジオキサン

化粧品やパーソナルケア製品の成分を作るときには、エトキシル化と呼ばれる工程があります。
1,4-ジオキサンは、この工程で発生する物質。単に「ジオキサン」と呼ばれることもあります。

1,4-ジオキサンは発がん性物質とされています。
ただ、製造工程で発生する成分であり、意図的に添加される成分ではありません。そのため、化粧品などの全成分表示では記載されません。

しかし、実際には化粧品やシャンプーなどのヘアケア製品、歯磨き粉、食器用洗剤、洗濯用洗剤などに含まれています。特に、泡立つ製品に含まれる可能性が高いとされています。

化粧品成分に含まれる1,4-ジオキサンは発がん性物質

1,4-ジオキサンの発がん性の懸念

1,4-ジオキサンは、次のような機関で発がん性物質またはその可能性がある物質と指定されています。

実は、エトキシル化化合物から1,4-ジオキサンを除去する方法もあります。アメリカの調査では、この方法により化粧品に残留する1,4-ジオキサンが大幅に減少していることも示されています。

しかし、その方法で最終製品からジオキサンを完全に除去できるわけではありません。そのため、製造工程で生じた1,4-ジオキサンが検出可能な量で残留している可能性はあるのです。

最初からエトキシル化を必要としない成分であれば、1,4-ジオキサンが残留することはありません。だからこそ、エトキシル化が不要な成分を使った製品を選択するのがおすすめです。

全成分表で確認すべき成分

先述したように、1,4-ジオキサンは意図的に添加されたものではないため、全成分表に記載されることはありません。
1,4-ジオキサンを避けるには、エトキシル化された成分を避ける必要があります。

次のような成分が1,4-ジオキサン汚染の可能性が高いもの。
全成分表示に記載がないかを確認するようにしましょう。

  • PEG:「PEG」の後に数字が付記されている成分。例えば、PEG-400やPEG-20など。
  • ポリソルベート:「ポリソルベート」の後に数字が付記されている成分。例えば、ポリソルベート20やポリソルベート80など。
  • セテアレスやラウレスなど「〜レス」という名前の成分:例えば、セテアレス-20やラウレス-10など。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3