グレープフルーツ種子エキスに隠された合成防腐剤

化粧品のグレープフルーツ種子エキスに隠れた合成防腐剤

グレープフルーツ種子エキスは人気の天然成分

ナチュラルな化粧品の人気が高まっています。特に日本では柑橘系の精油やエキスが人気。その一つにグレープフルーツ種子エキスがあります。

フレッシュで爽やかなイメージがあるグレープフルーツですが、化粧品に配合されるのはなぜでしょう?

抗菌作用に優れたグレープフルーツ種子エキス

化粧品で使われるグレープフルーツ種子エキスは天然成分ながら、強力な抗菌作用があるとされています。そのため、防腐剤や保存料の役割で化粧品に配合されることもしばしば。

しかし実際には、グレープフルーツ種子エキスには抗菌作用がないことが示されました

グレープフルーツ種子エキスに隠された合成防腐剤

果物のグレープフルーツがグレープフルーツ種子エキスになるまでには、7段階の工程があります。そして、この過程で化学物質が添加されたり様々な化学反応が起こされます。その結果、このエキスの抗菌効果が製造工程で添加された合成防腐剤によるものだと判明したのです。

グレープフルーツ種子エキスから検出された防腐剤

6種類のグレープフルーツ種子エキスを調査した報告では、6種類のうち5種類には複数の菌に対して高い抗菌効果を示しました。

しかし、これら5種類すべてから合成防腐剤のベンゼトニウムクロリドが検出。また3種類からはトリクロサンメチルパラベンという防腐剤も検出されました。合成防腐剤が検出されなかったのは1種類のみ。しかし、このエキスでは抗菌作用が認められませんでした。

つまり、グレープフルーツ種子エキスの強力な抗菌防腐効果は、単にそこに含まれる合成防腐剤によるもの。グレープフルーツ種子エキス自体に天然の抗菌物質が含まれているわけではないと結論づけられたのです。

グレープフルーツ種子エキスの防腐力は天然ではなかった

エキスから検出された合成防腐剤

グレープフルーツ種子エキスからは下記のような合成防腐剤が検出されています。いずれも肌や健康へのリスクが懸念されているものがほとんど。

ベンゼトニウムクロリド

人に対してアレルゲンとなることがわかっています。陽イオン性界面活性剤で強い殺菌力があり、肌への刺激も強いです。

ベンザルコニウムクロリド

アレルギー性と皮膚への刺激性が高く、目に入るとアレルギー性結膜炎を起こす可能性も。陽イオン界面活性剤で強い殺菌力があります。

トリクロサン

ホルモンかく乱作用があるとされています。皮膚・目・肺への刺激や臓器系への毒性を引き起こす可能性が指摘されています。

メチルパラベン

ホルモンかく乱作用の懸念がある合成防腐剤。

安息香酸

日本の旧表示指定成分の一つ。安息香酸Naとともに多くのオーガニックコスメに配合される防腐剤。

セトリモニウムブロミド

強い制菌力があります。皮膚・粘膜・目・鼻・喉に刺激があり、日本の旧表示指定成分の一つ。変異原性、染色体異常の報告があります。

グレープフルーツ種子キスは天然成分だから安全安心?

上述した通り、グレープフルーツ種子エキスの抗菌効果は合成防腐剤によるもの。それでも「天然成分」として広く販売・使用されています。なぜなら、これらの防腐剤はエキスの製造工程で添加されたもので、全成分表への記載義務がないから。

つまり「天然由来100%」や「ナチュラル」の化粧品でも、こういった合成防腐剤が入っている可能性があるということです。

「よさそうなもの」が本当に「いいもの」とは限りません。そのことを知った上で、真面目に誠実に作られた化粧品を選びたいですね。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3