化粧品の防腐剤であるBHTとBHAの危険性

化粧品に入っているBHTとBHAって避けたほうがいいの?

化粧品成分は難しい

化粧品には難しそうな名前がずらり。より安心安全なものを選びたいと思って成分を見ても、いったい何がなんだかわからずお手上げ。そんな人も多いかもしれません。

例えば、BHTやBHAという成分。シャンプーや日焼け止め、基礎化粧品などさまざまなものに入っています。でも、一体どんな成分なのでしょうか?

この記事ではBHTとBHAの特性や避けたいと考える人がいる理由を解説します。

BHTとBHAとは

BHTは「ブチルヒドロキシトルエン」、BHAは「ブチルヒドロキシアニソール」が正式名称。化粧品では、それぞれを省略して「BHT」「BHA」と表示されます。

どちらも防腐剤としてよく使われる化学物質。名前が似ていますが、性質もよく似ています。

化粧品以外にも、食品や医薬品でもBHTとBHAは添加物として使われます。お菓子や加工食品、ビタミン剤などの医薬品の保存料でもあるのです。

BHTの原料はシンナー!?

BHTはトルエンという液体物質をベースに作られます。塗料用シンナーであるトルエンには強力な神経毒性があります。少し触るだけでも中枢神経に影響を及ぼすほどの強力さです。
さらに、呼吸障害や吐き気を引き起こすこともあります。

また、妊娠中に女性がトルエンにさらされると、お腹の中にいる赤ちゃんの発育障害を引き起こす可能性があります。他にも、免疫系への毒性や悪性リンパ腫などの血液がんとの関連性が指摘されています。

数多くのリスクがあるトルエンを使ってBHTは作られているんですね。そしてそれが化粧品に使われているというわけです。

なお、BHTではなくトルエンそのものが、マニキュアなどに配合されていることもあります。

BHTは危険物質トルエンをベースにしている防腐剤

健康への懸念が多いBHA

BHTはなんだか怖そうなトルエンという化学物質から作られていることがわかりました。では、BHAはどうでしょうか?

実は、BHAもさまざまな健康リスクとの関連性が指摘されています。

例えば、米国国家毒性プログラムではBHAを「ヒトに対する発がん性が予想される物質」に分類しています。同じく、カリフォルニア州のプロポジション65でも、発がん性の可能性がある物質と指定しています。

また、EUの欧州委員会では内分泌かく乱物質としてリストアップされています。人間の自然なホルモンの機能を乱す作用があるとされているんですね。

BHTとBHAを避けるには

BHTとBHAがどんな物質かを知ると、肌に塗っても大丈夫なのか不安になるかもしれません。でも、どちらも肌への刺激アレルギー反応が出ることは多くありません。そのため、BHTやBHAが配合されている化粧品を使っていても、何も問題を感じない人も多いようです。

とはいえ、いろんな懸念がある成分。できれば避けたいと考える人もいるでしょう。そんな場合は、化粧品の全成分表示には「BHT」や「BHA」と記載があるかを確認するようにしましょう。

医薬部外品や薬用化粧品の場合には、「ジブチルヒドロキシトルエン」や「ブチルヒドロキシアニソール」と表示されることもあります。

長い名称ですが、気になる人は覚えておいてくださいね。

たくさんある化粧品の防腐剤

化粧品の防腐剤として使われるのはBHTとBHAだけではありません。
(他の防腐剤の記事はこちら

数え切れないほどの防腐剤が化粧品では使われていて、それぞれに特性やリスクがあります。中には、日本では気にされていないけれど海外では嫌煙されている防腐剤も。

難しい化粧品成分の中から安全なものを探すのは大変な作業(化粧品成分は全部で1万種類以上あります)。でも、できるだけリスクを避けたいという人におすすめなのは、CONCIO(コンシオ)のスキンケア。

肌刺激やアレルギーのリスクが高い成分、健康への懸念がある成分など、合計2500種類以上の成分を使わないオールインワンです。もちろんBHTとBHAも配合していません。

また、使わない成分と同じぐらい厳しい基準で選んだ9つの保湿成分を配合。肌にしっかりとうるおいを与え、肌バリアをサポートします。

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

https://concio.jp/

*すべての人に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

LINEでしか言えない情報も配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、人気コスメのリスク成分をわかりやすく解説・発信しています。LINEに登録すれば、リスク成分検索サイト「CONCIO CHECKER」も利用できます。

自分と大切な人、そして地球にとって、本当に優しい選択をするために、あなたもぜひ参加してください。

 以下のリンクから公式アカウントを友だち追加できます。 https://lin.ee/6hvsmjU

LINE登録

 

ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 安全な日焼け止めの正しい選び方

    2024年最新版:安心な日焼け止めの正しい選び方

    日焼けしたくない。でも、どんな日焼け止めを選ぶのが正解かわからない。 そんな人のための安心な日焼け止めを選ぶポイントを網羅した完全版ガイド。お肌のタイプや価値観に合わせて、自分に合った日焼け止めを探してみてくださいね。 

    2024年最新版:安心な日焼け止めの正しい選び方

    日焼けしたくない。でも、どんな日焼け止めを選ぶのが正解かわからない。 そんな人のための安心な日焼け止めを選ぶポイントを網羅した完全版ガイド。お肌のタイプや価値観に合わせて、自分に合った日焼け止めを探してみてくださいね。 

  • 化粧品に入っている酸化亜鉛は安全?

    化粧品に入っている酸化亜鉛は安全?

    少しでも肌にいいものと選んだ「ノンケミカル」の日焼け止めや化粧下地。確かに紫外線吸収剤よりもリスクは低いですが、ノンケミカル処方で使われるUV成分にも注意したいポイントがあります。

    化粧品に入っている酸化亜鉛は安全?

    少しでも肌にいいものと選んだ「ノンケミカル」の日焼け止めや化粧下地。確かに紫外線吸収剤よりもリスクは低いですが、ノンケミカル処方で使われるUV成分にも注意したいポイントがあります。

  • 化粧品成分のトリクロサンとトリクロカルバンは安全?

    化粧品のトリクロサンとトリクロカルバンは安全?

    ボディソープやメイクアップ製品に配合されていることがあるトリクロサンとトリクロカルバン。現在ではホルモン作用のリスクが指摘されている抗菌剤の安全性についてまとめました。

    化粧品のトリクロサンとトリクロカルバンは安全?

    ボディソープやメイクアップ製品に配合されていることがあるトリクロサンとトリクロカルバン。現在ではホルモン作用のリスクが指摘されている抗菌剤の安全性についてまとめました。

1 3