セテアレスは肌に悪い?安全性は?

セテアレス-20は肌に悪い?安全性は?

化粧品もいいものを選びたい

食べ物のように化粧品も、なるべくいいものを選びたい。

健やかなライフスタイルを送りたいと考える人の多くは、そう思うのではないでしょうか?

でも、いざ化粧品を選ぼうと思って成分を見ても、長いカタカナの名前がずらり。結局、難しく諦めた。
「よさそう」な商品がたくさん並んでいるけど、本当にいいものがわからない。そんな人も多いかもしれません。

本記事では、そんな成分の一つである「セテアレス-20」について解説。
肌にいい?有害ではないの?と気になるポイントをわかりやすくお伝えします。ぜひ最後まで読んでくださいね。

セテアレス-20とは

化粧品に配合されるセテアレス-20には様々な機能があります。

界面活性剤

界面活性剤は洗顔料やクレンジング、ボディソープの主成分です。油分を取り除いたり、乳化します。そして、汚れを浮かせて洗い流すのです。
セテアレス-20は界面活性剤として、洗顔料やボディソープなど多くの洗浄剤に配合されています。

乳化剤と安定剤

ほとんどの化粧品には水性成分と油性成分が配合されています。本来、水と油は混ざりません。だから、水と油を混ぜ合わせても、時間が経つと分離してしまいます。化粧品の成分が容器の中で分離してしまうと、商品として成り立ちません。

そこで使用されるのが乳化剤。乳化剤は、水と油が分離しないように混ぜて安定させるもので、水性成分と油性成分を含むほとんどの化粧品に配合されています。

セテアレス-20は乳化剤としても化粧品で使用されます。

浸透促進剤

浸透促進剤はその名前の通り、肌により深く物質が浸透するサポートします。

セテアレス-20は、これらの役割で様々な化粧品に配合されているのです。

セテアレス-20が化粧品に配合される理由

セテアレス-20の由来は?

セテアレスのベースになっているのは、セチルアルコールやステアリルアルコールというヤシやパームの油から採れる物質。そこに酸化エチレンを混ぜて化学反応を起こして作られます。

セテアレス-20の「20」という数字は、20モルの酸化エチレンが使われていることを示します。使用される酸化エチレンによって「セテアレス-10」「セテアレス-13」「セテアレス-25」のように数字が変わります。

現在は約30種類のセテアレス成分が登録されていると言われています。

セテアレスは、他の化粧品成分との相性も良好。そのため、次のような製品に幅広く使用されています。

  • 化粧水・乳液・クリームなどのスキンケア製品
  • 洗顔料・ボディーソープ
  • ヘアケア製品
  • 日焼け止め
  • 染毛剤・ヘアカラー
  • ティント剤

セテアレス-20の安全性は?

化粧品成分の安全性を評価するCIRでは、セテアレス-20を含む34種類のセテアレスは化粧品への配合は安全としています。

しかし、念のために知っておきたいことが。

実は、セテアレスはPEG(ポリエチレングリコール)の仲間。PEG同様、酸化エチレンを使って製造されます。そして、その製造工程ではエトキシル化が行われます。

エトキシル化は発がん性物質である1,4-ジオキサンを発生されます。皮膚に簡単に浸透し、皮膚アレルギーとの関連も指摘されている物質です。

セテアレス-20を化粧品に配合する前に、きちんと精製されていれば1,4-ジオキサンは除去されます。つまり、化粧品に混入することはほとんどありません。

しかし、2008年にアメリカで実施された調査では、47%の化粧品に1,4-ジオキサンが検出されたとの報告が。すべての化粧品に絶対に混入していないと言い切れないのが現状なのです。

万が一、毒性の高い物質が化粧品に混入していたら。

浸透促進剤であるセテアレス-20は、これらの化学物質が体内に浸透し、血流に入り込むのを早めてしまう可能性もあるのです。

セテアレス-20の他にも気をつけたい成分

1-4ジオキサンが混入している可能性があるのは、セテアレス-20だけではありません。
次のような成分も同じくエトキシル化が製造工程にあります。避けたい人は覚えておきましょう。

  • 〜ラウレス
  • 〜オレス
  • PEG
  • ポリソルベート
  • ポリエチレン
  • ポリエチレングリコール
  • ポリオキシエチレン
  • オキシノール

今回はセテアレス-20について解説しました。いかがでしたか?特徴や潜在リスクを知って、化粧品を選ぶときの参考にしてくださいね。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3