リナロールは化粧品アレルギーの原因になる香料成分

リナロール:化粧品アレルギーの原因になる香料

リナロールとは

リナロールは植物やハーブに含まれる天然の香り成分。世界中で古くから香料として使われてきました。例えば、次のような天然オイルやハーブに含まれています。

  • ラベンダー
  • イランイラン
  • ベルガモット
  • ジャスミン
  • ゼラニウム
  • ローズウッド
  • バジル
  • コリアンダー

リナロールは、合計200種類以上の天然オイルに含まれているとも言われています。

花のような爽やかさ、ウッディな香り、スパイシーな柑橘系の香りなど多彩な香りを持つ非常に人気が高い香り成分。そのため、リナロールは一般に販売されている香水の90~95%に含有されています。

リナロールでアレルギー

香りが魅力的な一方、リナロールはアレルギーリスクが指摘されています

リナロールは、空気に触れると酸化します。そして、酸化すると皮膚感作性が強力に。つまり、開封してから数ヶ月経過した化粧水や香水は、開封直後よりもアレルギーを起こしやすくなるということです。

2,700人を対象にした2014年の調査では、7%の人に酸化したリナロールへのアレルギー反応が見られたと報告されています。同時に、一度リナロールに感作した人には繰り返しアレルギー反応が出る可能性も示唆しています。

最初に述べた通り、リナロールはもっとも一般的な香り成分の一つ。多くの香料に含まれています。つまり、感作してしまうとさまざまな製品でアレルギー反応が出る可能性が高くなるのです。

リナロールにアレルギー反応を示す割合は高め

5.9%の人がリナロールにアレルギー反応

4,731人の患者を対象にしたイギリスの調査があります。ここでは、1%濃度のリナロールに対して281人(約5%)の人がパッチテストで陽性反応を示したとされています。同じく香料アレルゲンのリモネンに対しても5%の人が陽性反応。酸化したリナロールとリモネンにおいては、7.3%の人に陽性反応が出ました。

リナロールの配合規制は?

すでに10年以上前から、リナロールがアレルギー性皮膚炎の原因になることは判明しています。しかし、リナロールが含まれる精油や香料はいまだに多くの化粧品で多用されています。

それは「天然由来」「オーガニック」「ナチュラル」として販売されているものでも同じ。

ただ、日本にはリナロールの化粧品への配合において、何も規制がありません。しかも、リナロールは精油や香料にもともと含まれている物質。そのため、全成分表示に記載する義務もありません。ですから、もしアレルギーが生じても、全成分を確認するだけではリナロールが含まれているかはわからないのです。

アレルゲンを避けたい場合には、次のように対処する必要が。

  • すべての精油と植物エキスを避ける
  • どんな天然オイルや植物にリナロールが含まれているのか、自分で調べて知っておく

EUの化粧品では規制の対象

日本では規制がないリナロール。しかし、EUでは化粧品に香料や精油を配合する場合には、ルールが設けられています。当然、リナロールもそのルールの対象。メーカーには次のような義務があります。

  • リナロールを含む精油を配合する場合、メーカーは事前に申請する
  • 商品に一定の濃度以上でリナロールが含まれる場合は、全成分表に「リナロール」と表示する

自分と大切な人のためにできること

化粧品はほとんど毎日使うもの。だからこそ、アレルギーリスクがある成分が少ないものを選びたいですよね。天然由来でも合成由来でも、香料の成分には感作性があり、アレルギーを引き起こす原因となるものがたくさんあります。

自分と大切な人を守るため、どの成分にどんなリスクがあるのか、気をつけてみてもいいかもしれません。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3