化粧品に入っているカプリリルグリコールについて

実はよく入っている化粧品成分:カプリリルグリコール

カプリリルグリコールとは?

食品の添加物と同じように、化粧品の添加物を気にすることは、とても大切。
できるだけ安全なものを選びたい。そう思って化粧品を選ぶときに全成分表を見ている人もいるかもしれません。

全成分表を見ると、多くの化粧品で同じ成分が入っていることに気づくことがあります。決して話題の有効成分ではないのに、どうしてでしょう?

この記事では、そんな成分の一つであるカプリリルグリコールについて解説します。

カプリリルグリコールとは

カプリリルグリコールは、カプリル酸に由来するアルコール。由来になっているカプリル酸は、バターやパーム油、ココナッツ油に含まれる脂肪酸です。

アルコールと言っても、エタノールなどの肌刺激や乾燥の原因になるアルコールではありません。ほとんどの肌で安全に使える低刺激な成分で、保湿剤として化粧品に配合されています。

カプリリルグリコールの役割

肌にうるおいを与える

カプリリルグリコールの主な配合目的は保湿。水分を引き寄せて肌にキープ。肌表面から水分が蒸発しないようにしてくれます。
水分が保たれるので、ふっくらとしたツヤのある肌になるのです。

また、エモリエント剤(皮膚軟化剤)としての効果も。肌を柔らかくしなやかにしながら、皮膚バリアをサポートします。

その他にも、ヘアコンディショナーの保湿成分として使われることがあります。

カプリリルグリコールは保湿剤

防腐効果

カプリリルグリコールには、防腐効果もあります。パラベンなどのような強い効果はありませんが、バクテリアの繁殖を防いでくれます。

使用感の向上

スキンケア製品の伸びをよくしたり、浸透しやすくする効果も。化粧水やクリームに心地よいテクスチャを与えます。

カプリリルグリコールが入っている製品

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • フェイスマスク
  • 洗顔料
  • ファンデーション
  • 口紅
  • 日焼け止め
  • シャンプー
  • コンディショナー

うるおいを与えることを目的とした化粧品への配合が多いですね。

カプリリルグリコールの安全性

非常に高濃度で配合された場合は、肌への刺激や炎症を起こす可能性はゼロではありません。
しかし、アメリカのCosmetic Ingredient Reviewによる評価では、化粧品に配合される程度の低濃度であれば、ほとんどの人にとって安全であるとされています。

ただ同時に、カプリリルグリコールが特定の成分の浸透性を高める可能性があることが指摘されています。
そのため、皮膚への浸透を目的として設計されていない成分が配合されている場合には、処方の安全性が担保されない可能性があります。

一般的には、妊娠中や授乳中でも問題なく使える成分とされています。しかし、成分の組み合わせ次第ということ。
カプリリルグリコール配合の化粧品を選ぶ際には、各メーカーの安全性に対する方針をしっかり確認する必要がありそうです。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3