化粧品成分の水添ポリイソブテンは肌に悪い?

化粧品成分の水添ポリイソブテンは肌に悪い?

化粧品に入ってるよくわからない成分

化粧品の全成分を見ても、よくわからない名前がずらりと並んでいます。どんな成分か気になるけどよくわからない。水添ポリイソブテンもそんな成分の一つかもしれません。

水添ポリイソブテンは合成ポリマーのポリイソブテンという成分から作られたもの。ポリイソブテンに水素を添加して作られる化合物です。肌の上に人工的なフィルムを作る働きや粘着性があります。また、エモリエント効果も高いとされているため化粧品で便利に使われる成分です。

ただ、機能性にすぐれた成分が必ずしも肌にいいとは限りません。使用感をよくしたり、高級感を演出する目的で配合されている成分もたくさんあるからです。

水添ポリイソブテンはどうでしょうか?この記事で詳しく見てみましょう。

 毎週日曜日、化粧品選びの参考になる情報をLINE配信中。よりよい選択をするための情報をお届けしています。→LINE登録はこちらから

水添ポリイソブテンのいいところ

水添ポリイソブテンが化粧品で発揮するメリットは下記の通り。

  • なめらかでツヤがあるテクスチャを与える
  • 水っぽい輝きが出る
  • 水分を閉じ込める
  • 皮膚や唇を柔らかく保つ
  • ベタつかない

このような特徴を活かしてよく配合されるのはリップグロス。ツヤツヤして水っぽいのにベタつかない。そんなリップグロスには、この成分が入っているかもしれません。

水添ポリイソブテンはリップグロスによく配合されます

肌には安全?

一般的に水添ポリイソブテンは肌への刺激は低く安全とされています。

CIRによる安全性評価では1.44%濃度のパッチテストにおいて、わずかな紅斑ぐらいしか反応は見られなかったとしています。また、光毒性や光アレルギー性、目への刺激も確認されませんでした。

水添ポリイソブテンは皮膚に保護バリアを作ります。肌に備わっている水分を閉じ込めて潤いを長続きさせる機能です。だから、リップクリームや保湿クリームなど保湿を目的とした化粧品によくに使われているんですね。

ただし、肌そのものに潤いを与える成分ではありません。あくまで、すでにある水分を逃さないようにするもの。そのため、すでに乾燥している肌や唇が潤いを取り戻す効果は低いかもしれません。

なお、保護バリアを作って潤いを閉じ込めるのはミネラルオイルシリコーンと同じような働きですね。そのため、「鉱物油不使用」や「ノンシリコン」製品には、これらに代わって水添ポリイソブテンが配合されることもあります。

水添ポリイソブテンは天然由来ですか?

水添ポリイソブテンは天然に存在する物質ではありません。

最初に述べた通り、この成分は合成ポリマーのポリイソブテンから作られます。ポリイソブテンは、石油や天然ガス由来の炭化水素であるイソブチレンを使って人工的に作られたもの。だから天然の成分とは言えません。

ちなみに、このポリイソブテンはヨーロッパの環境団体では生分解性がない化粧品成分に分類されています。つまり、排水された後は自然界に蓄積する可能性があるということ。肌に負担がなくても、自然環境に影響する可能性があるのです。

水添ポリイソブテンは排水後に環境に蓄積する可能性があります

水添ポリイソブテンの代わりになる天然成分はある?

水添ポリイソブテンと同じような効果が見込める天然成分もあります。

植物由来のオイルやワックスであれば、水添ポリイソブテのようなバリア形成効果や保湿効果が見込める可能性があります。

地球に負担がかからない選択肢があるのは嬉しいポイント。自分の肌タイプや価値観に合った化粧品を選びたいですね。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人、そして地球にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/6hvsmjU

化粧品成分のリスクにフォーカスする「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは、敏感肌でも諦めたくない人を支えるエシカルスキンケア。化粧品成分によるアレルギーや肌刺激リスクに徹底的に着目し、2500の成分を使いません。
使わない成分と同じぐらい厳しい基準で選んだ9つの保湿成分を配合。肌にしっかりとうるおいを与え、健やかな肌をサポートします。

https://concio.jp/

https://concio.jp/

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

 

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

    化粧品に入ってるトコフェロールは安全?

    トコフェロールはナッツや果物などに豊富にも含まれるビタミンE。一番の特徴は強力な抗酸化作用で、紫外線などによる酸化ストレスから肌を守るほか、バリアの改善も期待されています。一般的に安全性は高いとされていますが、成分の組み合わせなど注意したい点も。

  • 化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

    化粧品に入っているラウレス-7はどんな成分?

    ラウレス-7は、ヤシ油か石油由来のラウリルアルコールから作られる成分。一般的に安全とされていますが、酸化エチレンという発がんリスクがある成分を使ったエトキシル化という製造工程には懸念も。

  • アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

    アイシャドウや口紅に入っているカルミンは避けたほうがいいの?

    アイシャドウやチーク・口紅などに入っている「カルミン」という成分。食品では「コチニール色素」と呼ばれる天然由来の着色剤です。といっても、その原料はカイガラムシという虫。 中南米のサボテンに寄生する虫が化粧品に使われるメリットとデメリットを解説します。

1 of 3