ヴィーガンコスメはナチュラルか

ヴィーガンコスメは肌にいい?

ヴィーガンコスメってなに?

世界的に人気のヴィーガンコスメ。日本でも増えてきています。
でも、ヴィーガンコスメって一体どんな化粧品なのでしょうか?

ヴィーガンとは、完全菜食主義者という意味。卵や乳製品を含む動物性の食べ物をいっさい口にしない人たちのことです。

また、食べ物だけではなく、毛皮やレザーなど動物由来の素材を使った衣服やインテリアも避けます。つまり、あらゆる場面で動物由来のものを徹底的に避けるライフスタイルを送る人たちです。

その考え方を化粧品に取り入れたのがヴィーガンコスメ。つまり、動物由来の成分を使わずに作られた化粧品のことを指します。


ヴィーガンとは完全菜食主義者のこと
化粧品には下記のような動物由来成分があります。ヴィーガンコスメでは、これらを配合しないとされています。

  • ラノリン(羊の毛が由来)
  • コラーゲン(魚や牛、豚などが由来)
  • エラスチン(豚や魚が由来)
  • 乳タンパク、乳エキスなど(牛乳由来)
  • ハチミツ
  • ミツロウ(蜂の巣が由来)
  • プロポリス(ミツバチが作る物質)
  • カルミン(昆虫由来)
  • ゼラチン(動物の骨や皮膚が由来)
  • ケラチン(羊の毛由来)
  • ラクトース(乳糖:哺乳類の乳が由来)

また、下記の成分には動物由来と植物由来があります。これらのうち、動物由来のものは配合されません。

  • ヒアルロン酸(鳥のトサカ由来と培養菌由来がある)
  • スクワラン(サメ由来と植物由来がある)
  • グリセリン(動物由来と植物由来がある)
  • レシチン(卵由来と大豆などの由来がある)

ところが、これらの成分が入っているのにヴィーガンコスメとして販売されているのを見かけることがあります。ちゃんと成分を確認することが大切ですね。

ヴィーガンコスメは自然由来100%?

ヴィーガンコスメは、自然由来の原料だけで作られているとは限りません。
といのも、動物由来でなければヴィーガンと言えるため、合成成分が配合されることがあるからです。中にはマイクロプラスチック成分が入っていることも。

マイクロプラスチックは人工のものですから、動物由来ではありません。だから、ヴィーガンコスメとされていても、決してそのメーカーが嘘をついているわけではないのです。

たとえ、合成成分100%でもヴィーガンコスメ。「動物由来ではないこと」が条件であることを覚えておきましょう。

ヴィーガンコスメは肌にいい?

上述したように、ヴィーガンコスメの基準は「動物由来ではないこと」。肌にやさしい成分が使われているとは限りません。また、敏感肌でも安心して使えるような低刺激処方になっているかもわかりません。

それに、アレルギー性が高い成分が配合されている可能性もあります。

つまり、動物由来の成分を使わないこと以外、ヴィーガンコスメには明確な基準がないのです。

ヴィーガンコスメを選ぶときは

自分が大切にしたい基準を明確にすることが大切。

動物が犠牲になる選択を避けたい人にはヴィーガンコスメは最善の選択と言えます。でも、地球に優しい選択をしたい場合、マイクロプラスチックが入っていないヴィーガンコスメを選ぶ必要があります。

また、肌にやさしい化粧品を探している人は、刺激が強い成分が使われていないヴィーガンコスメを選ばないといけません。

ヴィーガンコスメだからと言って、これらすべてが叶うわけではありません。自分が選びたい基準を明確にして、イメージに惑わされず正しく選びたいですね。

ためになる情報をLINEで配信中

CONCIO AcademyのLINEアカウントでは、よりよい化粧品を選ぶための豆知識を発信しています。自分と大切な人にとって本当に優しい選択をするために、ぜひお役立てください。
登録はこちらから→https://lin.ee/jAkRPAs

化粧品成分のリスクをとことん研究した「CONCIO(コンシオ)」

CONCIOは日本で初めてEWG認証を取得した新基準の無添加スキンケア。

化粧品成分による肌刺激やアレルギーのリスクに着目し、2500の成分を使わない独自の安全基準を徹底。
世界基準の安心を日本の敏感肌に届けています。

https://concio.jp/

CONCIOのミニマルスキンケア

*すべての方に肌刺激やアレルギーが起こらないわけではありません。

Back to blog
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
  • 化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

    化粧品の着色料の種類と知っておきたいこと

    化粧品の着色料には大きく2種類、顔料と染料があります。マット感や光沢感など質感や仕上がりの違いや、色持ちのよさ、肌への刺激もさまざまです。

  • 肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

    肌によさそうなアロエベラに発がん性?

    肌によさそうなイメージのアロエですが、実は外皮に含まれる「ヒドロキシアントラセン誘導体」という物質はカリフォルニア州とフランス厚生省で天然の発がん性物質と認定されています。

  • 化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

    化粧品でレシチンが使われる理由とリスク

    様々な効果や機能を期待して化粧品に配合されるレシチン。保湿や抗酸化作用など嬉しい効果が期待できる反面、レシチン配合の化粧品には気をつけたいことも。

1 of 3